Amazon Alexa Echoで使える家電コントロールリモコンを考えてみた

音声で様々な操作が行えるAmazonのAlexa(アレクサ)デバイスであるEcho。
ぷくおはEchoシリーズの中で一番シンプルなEcho dotを所有していますが、正直使い道がかなり限定されています。

一番使うのは、ちょっと部屋で音楽を聴きたいときに、例えば「アレクサ、静かな音楽をかけて」とか単に「アレクサ、曲をかけて」と言って再生してもらうこと。

次に多いのは、キッチンで何か作っているときに(といってもぷくおはゆで卵ぐらいですが)キッチンタイマーとして「アレクサ、○分でタイマーをセット」といった具合に使うこと。

天気はスマートフォンのYahoo!天気情報アプリで、朝7時に1日の天気を通知するよう設定してしまっているし、Echoのアプリとなる「スキル」機能はなんとなく「アレクサ、○○(スキル名)を開いて」と言ったようにスキル名を発生するのが面倒でほぼ使っていません。
 

この状況を打破すべく、赤外線で家電コントロールが行える家電コントローラーを購入しようと思います。

まず、自分が何をしたいのかリストアップしてみました。

  1. 赤外線リモコン対応の照明のオンオフ(100%オン、3段階調光、3段階の常夜灯、オフ)のそれぞれをコントロール
  2. 2つのエアコンのコントロール
  3. テレビのコントロール
  4. AVアンプのコントロール
  5. BDレコーダーのコントロール
  6. 室内温度の計測・表示機能
  7. 上記のうち2だけでも外出先からコントロールしたい
ざっと考えてみて、このぐらいのことができると便利になりそうです。
これらをもとに、各機種を比較していきたいと思います。
 
まずはAmazon Alexaのホームコントロール(スマートリモコン)のページに紹介されている3機種(登録は4機種ありますが、LinkJapanが同等機能で2つあるので3機種を比較)について主な特徴だけまとめてみました。。
 
 

ラトックシステムRS-WFIREX3
 61DGmriviiL._SL1300_

LinkJapan eRemote
61aGOdA8msL._SL1110_
 
Alamo iRemocon IRM-03WLA
71260u5cU+L._SL1500_
 
 プリセットデータ数

 300種類以上
 手動で学習可能 

 主な製品は対応されている模様 
 手動で学習可能 
 不明

 マクロ機能
(1つのボタンに複数操作を設定) 

可能  可能 可能
 搭載センサー 温度・湿度・照度センサー有

 eRemoteには温度センサー有
 eRemote miniは無し

 温度・湿度・照度センサー有
 有効距離 最大20m、水平方向360度 最大15m、水平方向360度 超強力広角赤外線LED内蔵
 タイマー機能 有り 有り 
 価格(Amazon) 6,872円

8,636円(eRemote)
5,026円(mini) 

 14,000円
 備考1

 Alexaカスタムスキル及びGoogle Conversation Actionsで利用出来る家電はTV1、エアコン1、照明2台
※AIスピーカーを通さなければ何台でも登録可 

全通信を暗号化
世界トップクラスのセキュリティ  
 GPSで設定したエリアから出入りすると家電を自動操作する機能有
 備考2  別売りのeSensorを購入すると、温度が○度になったら暖房ONとか明るくなったら音楽再生といった設定が可能 Amazon echoとの連携は有料
 外出先からの操作、音声、GPSはアプリない課金による有料機能

 備考3

   購入するならGlamo社レンタルプラン(月300円)が良いとのこと

また、口コミを見ているとAlamo社はアプリの使い勝手が中途半端で非常に悪い。エアコンが一度に送信するリモコンの通信料もしっかり学習可能であるものの、エラーが多かったり課金機能について苦言を呈しているものが多く、購入候補から除外することに決めました。
 

ラトックシステムの口コミでは、温度センサなどがついていて便利。また、温度をトリガーにしたエアコン操作も可能といった書き込みもありました。
 

LinkJapanの口コミでは、まずeRemoteに内蔵されている温度センサは誤差が多くて使いものにならなそうといった内容が多かったです。またラトックシステム社のように、AIスピーカーで利用できる家電数の制限については口コミがなく、またLinkJapanホームページ内の操作マニュアル、仕様書にも記載がないようでした。

また、echoによる音声操作で家電の細かい操作を行いたい場合、どちらもアレクサの仕様によりスキルから機能を呼び出して命令する必要がありそうです。

続いてAppleのApp Storeのレビューを見てみると、ラトックシステム社が星2.5。LinkJapanが2.0。
どちらもそんなに使い勝手が良いという評価ではありませんでした。

全通信を暗号化と明記されているLinkJapanに惹かれますが、たとえエアコンやテレビなどを遠隔操作されても生死に関わるものではない(ペットはこまめに見守りカメラを見ているので、室温が異常であればすぐにケージ横の温湿度計で確認できる状況)ので、この3社の中なら価格と温度計の正確さ、そして僅かながらリードしたスマホアプリの完成度を期待してラトックシステム社かなと思います。

その他、coviaのORVIBOスマート家電リモコンやLifeSmartの家電コントローラーも見てみましたが、赤外線の到達範囲が狭い(covia)や海外のAmazonアカウントでないとAlexaの連携ができなかったり(LifeSmart)といった口コミがあったので、上記製品に比べるとまだ発展途上という印象を受けました。

というわけで、2018年夏にAIスピーカー対応の家電リモコンをぷくおが買うならラトックシステム社という結論に達しました。

 

にほんブログ村 PC家電ブログへ

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村

クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!

毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です