テーブルウェア・フェスティバル2019がまもなく開催

毎年2月上旬に東京ドームで開催されているテーブルウェアフェスティバル。今年は2019年2月3日(日)~2月11日(月・祝)の9日間開催されます。

会場内には洋食器・和食器などの数多くのテーブルウェアで埋め尽くされていて、数多くの展示販売コーナーだけではなく、テーブルウェアコンテストや各種特集企画など内容盛りだくさんのフェスティバルとなっています。

特集企画

German Tableware~Traditional & Modern~


ヨーロッパ時期発祥の国・ドイツ。

マイスター達の手による一品から日本初上陸のモダンな器までが一堂に会するそうです。

展示ブランド
カンネギーサー ケラーミク、ナハトマン、ビレロイ&ボッホ、マイセン、ローゼンタール、DIBBERN、FÜRSTENBERG、hering berlin、KPM Berlin

彩の食卓 カジュアルリッチ ~波佐見焼~

400年の歴史を持ちながら、絶えず変革を続ける長崎県の波佐見焼の個性豊かな”カジュアルリッチ”の世界を紹介。

出展窯元
アイユー、石丸陶芸、一龍陶苑、一真陶苑、永峰製磁、大新窯、光玉陶苑、西海陶器、重山陶器、翔芳窯、正光窯、清山、髙山陶器、丹心窯、西山、白山陶器、浜陶、堀江陶器、利左エ門、和山

Botanical Table ~ナチュラルな暮らしを愉しむ~

各国の陶磁器・ガラス&クリスタルブランドの器を”ボタニカル”をテーマにコーディネート。個性豊かな食卓を提案。

展示ブランド
バーレイ、ベルナルド、ヘレンド、ペンティック、ボルダロ・ピニェイロ、レイノー、アイブイブイ、ヴェネツィアガラス、カガミクリスタル、北一硝子、グラススタジオ、ドーム、HARIO、ロブマイヤー

展示内容

会場内では、石坂浩二さんや黒柳徹子さん、東儀秀樹さんといった各界の著名人が提案する「おもてなしの食空間」や、洋食器ブランドが提案する食空間、日本の伝統の美と技を一堂に集めた和の食空間の提案、さらに会場中央では”花のある暮らし”を提案する「センターガーデン」も展示されています。

なお、おもてなしの食空間を提案された著名人を含む、様々な方によるトークやライブが開催される「スペシャルステージ」もあるそう。

各種セミナー

テーブルウェアフェスティバルでは来場者参加型の有料セミナーも開催。お茶会やテーブルウェアのコーディネイトセミナー、紅茶のセミナー、リースレッスンなど、様々なセミナーが開催されます。

チケットの購入は下記からどうぞ。
https://www.e-tix.jp/table2019/coursework.html

展示販売コーナー

上記イベント・展示会場を取り囲むように展示販売コーナーが設けられています。

今回も250以上の販売ブースが出展。海外ブランドだけでなく、国内産地の窯元が出展しているので、見て回るだけでも楽しめます。

 

詳しい出展社名は公式サイトをご覧ください。
https://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/27th/sale/

開催概要

  • 名称:テーブルウェア・フェスティバル2019~暮らしを彩る器展~
  • 日程:2019年2月3日(日)~2月11日(月・祝)
  • 時間:10:00~19:00
    ※入場は閉場の1時間前まで
    ※初日は11:00開場。最終日は18:00閉場。
  • 会場:東京ドーム
  • 入場料:前売券1,800円、当日券2,100円、通し券5,000円(小学生以下は無料)
  • 最寄り駅▼
    ・JR中央線、総武線各駅停車「水道橋駅」
    ・都営三田線「水道橋駅」
    ・東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」
    ・都営大江戸線「春日駅」

チケットの購入は公式サイトをご覧ください。
https://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/27th/ticket/

関連記事

テーブルウェア・フェスティバル2018に行ってきました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です