スノーピークの本拠地にあるキャンプ場に、今春ついに待望のアレがオープン

スノーピークの本拠地・新潟県三条市にある「スノーピーク ヘッドクォーターズ キャンプフィールド」。

現在、本社とキャンプ場が併設されている敷地を、現状の約5万坪から約15万坪へ拡張し、「衣食住働遊」のすべてが詰まったライフバリューフィールドの実現を目指す「Snow Peak 未来構想プロジェクト」が始動しています。

本プロジェクトの第一弾となるのは、スノーピークとして初となる温浴施設を中心とした複合型リゾート「FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS」。

考えてみれば、今のHQ(ヘッドクォーターズ)キャンプフィールドにはシャワー棟のみで、お風呂は車で約15分の温泉に行く必要があったので、プロジェクト第一弾は待望の施設だと言えそうです。

FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS

施設内の温浴エリア・サウナエリアは大開口のガラス張りが採用され、温浴エリアからは、日本三百名山の一つである粟ヶ岳の絶景が楽しめます。

また、露天風呂には直接、自然に溶け込めるように約45㎡のテラスも設置するんだとか。

温泉は100%自家源泉で、泉質は弱アルカリ性単純温泉。効能としては、疲労回復や美肌効果などが期待され、ペグ打ちで疲れた身体を癒すのにもってこいですね。

サウナは密室。という常識を覆したパノラマビューが楽しめるサウナは、中心に360度型のサウナヒーターを採用しており、サウナを楽しみながら、焚き火を囲むような時間を味わうことができます。

またサウナヒーターには遠赤外線効果が高いと言われている人工石「ケルケスストーン」を約420kgも装填。身体の芯まで暖めてくれそうですね。

今後は、生産者の方々と深くつながり地元の食材を活かしていくレストランや、自然との一体感を感じることができる宿泊施設なども登場する模様。

スノーピークテントを持っていないと入りにくい印象(もともとテント等のレンタル有)のHQキャンプフィールドですが、宿泊施設も出来るのは嬉しいですね。

2022年4月15日のオープンを前に、FIELD SUITE SPA HEADQUARTERSのティザーサイトも公開されましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

『FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS』 施設概要(予定)

  • 所在地:新潟県三条市中野原456-1(仮)
  • 建築面積:2,007.644㎡
  • 延床面積:2,133.455㎡(B1部分:1,360.218㎡、1F部分:600.343㎡)
  • 最大収容人数:240名
  • SPA面積:
     男性エリア:260㎡、女性エリア:300㎡
     男性サウナ:25㎡、女性サウナ:25㎡
     男性テラス:45㎡、女性テラス:40㎡
     ※男性エリアと女性エリアは曜日などによる入替制を導入予定。
  • レストラン面積:140㎡/座席:65席
  • 宿泊施設 ヴィラ棟 合計3棟(100㎡:1棟、50㎡:2棟)、ほか住箱設置予定
  • その他の施設:ショップ など
スノーピーク(snow peak) フラットバーナー GS-450R

スノーピーク(snow peak) フラットバーナー GS-450R

14,300円(10/03 21:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。