SHARPからも4Kレコーダーと4Kチューナー内蔵TVが発売されます

12月1日の4K衛星放送開始に向けて、SHARPからも4Kレコーダーと4Kチューナー内蔵TVの発売が発表されました。

AQUOS 4Kレコーダー

AQUOS 4Kレコーダーはハードディスク容量が異なる2機種(4TBと2TB)が発売されます。

主な特徴

1.新4K衛星放送を視聴・録画できる「BS4K・110度CS4Kチューナー(1チャンネル)」&「4TB/2TB 大容量ハードディスク」搭載

2.ハードディスクに録画した4K番組を4Kのままブルーレイディスクに残せる「4Kダビング」機能

3.「4K」や「HDR」の美しい映像が楽しめる「Ultra HD ブルーレイ」再生対応

4.高精細な文字と画像付きで、見やすく使いやすい「4Kビジュアル番組表」「4K録画リスト」を搭載

発売日・価格

発売日:2018年11月24日

価格:両機種ともオープンプライス(2TBモデル・12万円前後/4TBモデル・15万円前後)

4Kチューナー内蔵液晶テレビ

新発売の4Kチューナー内蔵液晶テレビは、BS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵し、新4K衛星放送を見ながら別チャンネルの新4K衛星放送を外付けHDD(別売)に録画ができます。

モデルは45インチ、50インチ、60インチの3種類となっていて50インチと60インチモデルは2018年11月17日発売、45インチモデルは2018年12月22日発売となっています。

主な特徴

1.BS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵し、新4K衛星放送を存分に楽しめる

2.新4K衛星放送を臨場感豊かに表現する「AQUOS 4K Smart Engine PRO」を搭載

3.音声を前方に導き、聞き取りやすさを高める「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」のほか、日本の視聴環境に適した「低反射パネル」や「回転式スタンド」を採用

4.気になる番組や生活に役立つ情報を音声でお知らせしてくれる、進化した「COCORO VISION」

使用状況を分析・学習し、好みの番組やビデオ作品、生活に役立つ情報を提案

テレビに近づくと自動的に電源が入り、AIが選んだ番組や生活情報を表示

5.音声で番組の検索や家電製品の操作ができる Google アシスタントに対応

価格

・45インチモデル:オープンプライス(17万円前後

・50インチモデル:オープンプライス(22万円前後)

・60インチモデル:オープンプライス(30万円前後)

ぷくおの感想

シャープから発表された4K衛星放送に対応したレコーダーと液晶テレビ。
ぷくおはもともと引き締まった黒の表現とサッカーなどの早い動きでも残像が発生しないプラズマテレビや有機ELといった自発光モニターが好きでしたが、現在使用しているプラズマテレビは静止した映像を映しっぱなしにしていると焼きつきが起きてしまうのがネック(有機ELでも同様の現象が起きる)で、ぷくお妻が映画などを一時停止したままにしないよう気をつけてもらうのが面倒。

その点、液晶テレビなら焼きつきは発生しないですし、素早い動きも問題なくなっています。
そういうことを考えると、まだまだ値段は高めですがシャープの4K液晶テレビも次の選択肢に入れたいと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です