無印良品世界旗艦店となる「無印良品 銀座」に行ってきました!

本日銀座にオープンした無印良品の世界旗艦店となる「無印良品 銀座」に、会社を休んで行ってきました。

10時ちょっと前に到着ましたが、15分前に開店したらしく開店前の行列というシャッターチャンスを逃しました(笑)

館内がどんな様子かはニュースでたくさん報じられているので既にご覧になられていると思います。

ぷくおも1階から6階までざっと見てきましたが、さすが世界旗艦店というだけあって各アイテムが綺麗にディスプレイされてるのが印象的でした。

館内の様子

館内は1階から5階が商品が販売されている無印良品。6階から10階がホテル。地下1階がダイナー(食堂)となっています。店内は銀座という都心にもかかわらず、空間をゆったり使った贅沢なデザインとなっていて、見て回るのが楽しい店舗になっています。

4階にはIDEEも入店。

ぷくおの中ではIDEE≒リサラーソンという図式があります(笑)。いつか買いたいと思っているライオン(大)は置いていませんでした。

目玉はなんといっても世界で3番目となる「MUJI HOTEL」と、地下1階に設けられたダイナーですが、残念ながらダイナーは行列がすごくて入る気になりませんでした。

▲無印良品の世界観が楽しめるMUJI HOTEL。既に満室になっている日もあるようです。

それ以外のフロアで新しい試みはやはり1階の食品コーナー。
以前の有楽町店にも青果売場はありましたが、今回は有楽町店とは違って必ず青果売場を通り抜ける導線と言うこともあり、多くの人々が産地から直送された野菜・果物を手に取ったり、ジューススタンドで新鮮な絞りたてジュースを楽しんでいました。

また、焼きたてが楽しめるベーカリーも人気でしたが、そちらについては後述します。

▲ブレンドティー工房では32種類のオリジナルレシピをその場で調合し、できたてを購入することが出来ます。

▲お弁当コーナーには日替わり弁当も。

銀座店限定商品・サービス

1F ブリキケース入りおみやげ缶

日本でなじみ深いおやつやお茶、調味料などが入った5種類のブリキ缶。価格も390円・490円と手頃な価格なので、海外に行く際の手土産などにも良さそうですね。

こちらのお土産巾着は東京駅周辺の地図や日本らしいアイコンがプリントされた巾着に、人気のチョコがけいちごやあられが入っているそうです。

無染色・無着色のスニーカー

疲れにくい撥水スニーカーも銀座店限定バージョンが登場。染色していないコットンと着色していないソールで出来たこちらのスニーカー。落ち着いたコットン本来の色合いで優しい雰囲気になっていました。(税込2,990円)

無着色ハードキャリー

人気のストッパー付きハードキャリーも無着色のポリカーボネートで銀座店限定で登場。サイズは機内持込可能な35Lと大きい62Lの2サイズで展開されています。今すぐ必要ではないものの、35Lを買おうかどうしようか最後まで悩んでしまいました。

銀座店限定(?)無料スタンプサービス

ノートや商品を包むラッピングに、自分で好きなようにスタンプが押せるMUJI YOURSELF。バリエーション豊かなスタンプが用意され、大勢の方が自分好みのノートとなるようスタンプを押していました。

デザイン工房

26色の刺繍糸で(おそらく数多くの)デザインが刺繍できたり、名入れ、製本、写真集が作れるデザイン工房が4階に設けられていました。

レンタル自転車

無印良品 銀座店では5時間500円、1日1,000円のレンタル自転車も提供されています。桜の時期に東京駅・皇居周辺の散策を行うのによさそうですね。

Salon & Library

6階はホテルのフロントとサロン、さらにデザインとアートの本棚やギャラリーがあります。

▲Salonでは自由に座れるだけでなく、ノンアルコール、アルコールが楽しめるようでした。落ち着いた夜に利用するのが良さそうです。

▲アトリエ MUJIでは現在「はじまりは、栗の木プロジェクト」が展示中。こちらのギャラリー1ではインテリアデザイナー永井敬二氏のコレクション。

▲ギャラリー2ではさまざまな地域、世代、職業の方々にデザインとは何かを表現してもらい、その言葉たちが群生しているアート。

▲イタリアデザイン界の巨匠・エンツォ・マーリ氏のヴィンテージ商品の展示販売も。

▲その中で気に入った木のオブジェは税込207,900円でした。さすが巨匠の初号版。

ベーカリー

建物入ってすぐ左手に位置するのがベーカリーコーナー。毎朝7時半から焼きたてパンが楽しめるようになっています。なお、モーニングタイムにはWEBサイトやMUJI passportアプリからの事前予約、決済にてコーヒーや、コーヒーのセットを待たずに受け取れる予約サービスもあります(公式:モーニングコーヒー予約サービス)。

▲お昼近くにベーカリーをのぞいたら、既に大行列。入店までかなり待つことに。

ラインナップ

店内では北海道産の小麦粉で作ったロールパンに食パン、季節の素材を挟んだサンドウィッチやフルーツサンドなどが売られているとのことでしたが、ぷくおが訪れた時間帯では下記のパンしか残っていませんでした。

▲どうしても食べてみたかったフレンチトースト。店員さんに聞いたら15分後に焼き上がると言うことでしばし待って無事ゲット!

購入したパンについての感想はまた他のエントリでご紹介します。

無印良品銀座店で購入してきたパンについて

 

その他&まとめ

フレンチトーストを待っている間にロンドンから旅行できたという夫婦と少しだけ話したのですが、二人も無印良品の大ファンだと言っていました。銀座は外国からの旅行者も多いので、人出が絶えることは無さそうですね。

無印良品の全てが体験できるのがさすが旗艦店という感じでした。今回入れなかったダイナーやホテルも近いうちに利用してみたいと思います。

なお、期間限定で3,000円以上お買い上げでエコバッグがもらえるキャンペーンが実施されています。思った以上に癖が強いエコバッグですが、気になる方はお早めにどうぞ。

無印良品 銀座 店舗情報

  • 住所:〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目3番5号
  • 最寄駅
     東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線
      「銀座」駅B4出口 徒歩3分
     東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅
      5番出口 徒歩3分
     JR山手線「有楽町」駅 中央口 徒歩5分
  • 営業時間
     1階〜5階の店舗:10:00〜21:00
     ※ベーカリーのみ7:30〜21:00
     6階レストラン「WA」:11:30〜15:30/17:30〜22:30
     6階サロン:10:00〜26:00
     地下1階「MUJI Diner(食堂)」:7:30〜22:00(ラストオーダー21:30)
  • 電話番号:03-3538-1311

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です