無印良品 有楽町店。銀座へ引っ越し、世界旗艦店へ

無印良品を展開する(株)良品計画より、日本初となる「MUJI HOTEL GINZA」、および飲食業態「MUJI Diner」を併設した世界旗艦店「無印良品 銀座」を、2019年4月4日(木)(予定)に開業することが発表されました。

フラッグシップストアとなる「無印良品 銀座」は銀座の並木通りに面し、賑わいを見せるマロニエ通りにも近い位置に建てられます。

これに伴い、今ある無印良品 有楽町店は2018年12月2日(火)をもって閉店するそうです。

世界旗艦店「無印良品 銀座」

「無印良品 銀座」は「食」領域にフォーカスし、商品・サービスをこれまで以上に拡大し、食べ物と人との関係性を再度見つめ直すきっかけとなることを目指すそう。

具体的には、東京近郊の農家との繋がりによる産地直送をテーマとした青果や、新鮮なフルーツを使ったジュースやデザートの販売を行い、その場で食すことができるカウンターを設置。

また、「素の食」をテーマとするレストラン「MUJI Diner」を地下1階で展開。サラダカウンターや旬の魚介、肉料理、ジビエなどを使った一品料理をご用意し、一人でも、家族や仲間とのグループでもくつろげる空間を提供するとののと。

MUJI HOTEL GINZAとATELIER MUJI GINZA

「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに、ちょうど良い価格で良く眠れ、旅先において体と心を整える空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを提供するMUJI HOTEL。

世界旗艦店の上層階に同時開業する「MUJI HOTEL GINZA」は、中国の深圳(シンセン)、北京に続く3か所目となり、6階にフロントを設置、7~10階で79部屋の客室が提供されます。

また、ホテルフロントと同じフロアである6階において、複合的なデザイン文化の発信基地「ATELIER MUJI GINZA」を展開。ものづくりやデザインにまつわる様々なテーマから展示を企画する2つの「Gallery」、おいしいコーヒーやお酒を飲みながら人が語らい集う「Salon」、デザイン・アート関連の書籍を揃えた「Library」、トークイベントやワークショップを開催する「Lounge」のコーナーをそれぞれ設け、無印良品が考える未来を見据えたメッセージを発信していくとのこと。

「MUJI POP-UP STORE マロニエゲート銀座(仮称)」

無印良品 有楽町店が閉店した後、12月12日(水)から無印良品 銀座店が開業するまでの3ヶ月間、マロニエゲート銀座2の1階にPOP-UP STOREを展開。

無印良品の約7000アイテムを代表する、くらしの基幹アイテムを中心に販売することに加え、無印良品 銀座でスタートする新たなサービスを紹介していくそうです。

ぷくおの感想

会社帰りや休日の買い物でお世話になった無印良品 有楽町店。

慣れた場所が無くなるのは少し寂しいですが、世界旗艦店となる無印良品 銀座店がどのようなお店になるのか今から楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です