DODから尖った焚き火台「SHIBARENNA(シバレンナ)が登場

いつも面白い製品を作っているという印象があるDODから、しばれる夜に使いたい、暖かさに特化した焚き火台「SHIBARENNA(シバレンナ)」が登場しました!
※「しばれる」とは北海道の方言で厳しく冷え込むという意味だそう。

最近は焚き火台といっても軽さだったり、燃焼効率だったりと、ある目的に特化した製品が多くなっていますが、このシバレンナは冷え込んだ夜に使いたい暖かさに特化した焚き火台となっています。

なのに面白いのは、暖かさに特化しながらも使いやすさや機能性があるところ。というわけでどんな製品か見ていきましょう。

シバレンナの特徴

焚き火の熱を効率的に反射するダブルウォール構造

大抵の焚き火台は全周囲が1枚板でできていますが、シバレンナは背面プレートが二重構造になっています。これにより焚き火の熱を効率的に反射するだけでなく、後述の二次燃焼も可能に。

さらに、薪をくべる部分の手前側はメッシュとなっていて、ダイレクトに焚き火の熱を堪能できるだけでなく、火起こしや送風も簡単に行うことができます。

熱反射の効率をさらに高める遮熱板

焚き火台の底辺には遮熱板が設置されていて、地面への熱のダメージを軽減するだけでなく、焚き火の熱をより前面に反射する効果があります。

さらに、こちらに燃やす前の薪を並べておくことで、薪をしっかりと乾燥させることが可能。落ちている木を使うと、燃えにくいだけでなく大量の煙が発生する原因にもなるのでかなり便利そう。

二次燃焼

背面プレートがダブルウォールになっていますが、こちらは上部に穴が配されている事で熱反射効率を上げるだけでなく二次燃焼を派生させることが可能。ただ、二次燃焼ホールは片面にしかないため、二次燃焼に特化した「めちゃもえファイヤー」に比べると二次燃焼は発生しにくい構造。

ですが、寒い夜にはめらめらと燃え上がる炎からも暖かさを感じるもの。ぷくお的にはむしろ、薪の燃える様子と二次燃焼の炎が両方とも見られるのでむしろありがたいと思いました。

ゴトク付属で直火調理可能

小鍋やシェラカップを載せることのできる専用ゴトクが付属。ゴトク部分は片側に集中しているので、ゴトクを乗せた状態でも薪をくべることが可能。

スリム収納

シバレンナは折りたたみ構造になっているため、収納すると高さ40cm、幅53cm、奥行き6cmとコンパクト。重さこそ約5.8kgと重めですが、車のトランクの隙間などに入れて持っていきやすいですね。

商品スペック

  • カラー:シルバー
  • 希望小売価格:オープンプライス ※DODオンラインストア価格は16,500円(税込)
  • 組立サイズ(外寸):(約)W43×D27cm×H35cm
  • 収納サイズ:(約)W53×D6cm×H40cm
  • 重量(付属品含む):(約)5.8kg
  • 材質:ステンレススチール、600Dポリエステル(キャリーバッグ)
  • 静止耐荷重:1kg ※ゴトク部分
  • 付属品:ゴトク、キャリーバッグ

ぷくおの感想

サイズこそソロまたはデュオキャンプに適した小ぶりなサイズですが、何よりも炎が楽しめるのがいいなと思いました。DODやモンベル、ネイチャーストーブなどから二次燃焼の焚き火台が
されていますが、残念だったのは二次燃焼の炎は見えても燃えている薪が見えなかったところ。

自作で片面だけガラスの焚き火台を作りたいと思っていましたが、DODがもっとコストのかからないやり方で製作してくれました。

二次燃焼は片側だけなので二次燃焼は発生しにくい構造と説明されていますが、もともとほとんどの焚き火台が二次燃焼はできないので全然問題ないと思います。

ちょっとだけ気になったのが、商品ページの下の方に「燃焼状況により、下記画像のような歪みが生じます。機能には影響がなく、使用後はほとんどの場合もとに戻る現象です。予めご了承ください。」という一文があるところ。

すでに軽いとは言えない焚き火台なんだから、もう少し厚い部材で作ってくれたらよかったのに。と思わなくもないですが、ほとんど元に戻るということなのであまり気にしないほうがいいのでしょうね。

シバレンナは現在DODオンラインストアでのみ販売されていて、気になる価格は16,500円(税込)となっています。

他のサイトで販売されていないのは製造量が限られているから?かもしれないので、気になった方はお早めにどうぞ。
ぷくおが買うかというと、かなり買いたいのですが子供が小さすぎてソロ/デュオキャンプがまだ無理な身としてはサイズが小さいのが気になります。シバレンナ マックスとか出たらいいのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です