12月12日22時よりscopeさんにて東屋の銀製干支フィギュアが販売開始

昨年末見かけた東屋さんの銀製の小さな干支のフィギュア。精緻なフィギュアということと銀製ということからお値段も当然高価で、いったい誰が買うんだろう?なんていうぷくおの心配をよそにあっという間に完売となって驚いた記憶があります。

それから早くも1年が経過し、2020年の干支である「子」が12月12日22:00に発売開始となります。

2cmに満たないネズミが、這っているのから立っているのまで群れをなして5匹のセットになっているとのこと。そんな小さなネズミですから、ちょっとしたスペースでも飾れるのがいいですね。

ちなみにこちらの東屋の干支フィギュアは今年も100セット限定生産となり、そのうち70セットがスコープへ入荷したそうです。

販売される製品の箱にはエディションナンバーが記載され、例のごとくスコープさんではそのナンバーですら個別販売を行うとのこと。

スコープ本店、楽天市場店のそれぞれのエディションナンバーについて

  • 本店:4〜23、61、62、65、66、68〜70、72〜77、79
  • 楽天市場店:24〜30、40〜44、46、49、51、53、56、58〜60、82、8386〜94、96、98〜100

単に好きな数字でもいいですし、自分の年齢や生まれ年など、縁のあるロットナンバーが入手できたらより愛着が湧きそうです。

商品スペック

  • 材質:銀925
  • 生産:東京都渋谷区
  • サイズ:下記写真の通り
  • 価格:49,500円(税込)
  • 備考:エディションナンバーは箱に記載。本体には刻印されていません。
  • 販売店舗:スコープ本店スコープ楽天市場店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です