【新製品】SONYより4Kブラビア14機種とサウンドバー2機種が新発売

SONYより、4Kブラビアの新商品として有機ELテレビ2種類と液晶テレビ12種類の合わせて14種類が発表されました。

4Kブラビア

img_001

 

商品名シリーズ名型名サイズ発売日価格
4K有機ELテレビ 
ブラビア
『A8Fシリーズ』『KJ-65A8F』65V型6月9日オープン価格
『KJ-55A8F』55V型
4K液晶テレビ
ブラビア
『X9000Fシリーズ』『KJ-65X9000F』65V型
『KJ-55X9000F』55V型
『KJ-49X9000F』49V型
『X8500Fシリーズ』『KJ-85X8500F』85V型
『KJ-75X8500F』75V型
『KJ-65X8500F』65V型
『KJ-55X8500F』55V型
『KJ-49X8500F』49V型
『KJ-43X8500F』43V型
『X7500Fシリーズ』『KJ-55X7500F』55V型6月23日
『KJ-49X7500F』49V型
『KJ-43X7500F』43V型

4kブラビアとして、高画質プロセッサーや有機ELモデルには画面そのものが振動して音を出す「アコースティック サーフェス」が搭載されるなど、高画質・高音質に注力していますが、注目なのはインターネット動画ボタンやGoogleアシスタントボタン、AIアシスタントサービス(Googleアシスタントを内蔵、Alexa搭載端末との連携可能)といった機能が全機種に搭載されている点です。

img_006←リモコンから簡単に各種動画配信サービスが起動可能
img_007←Googleアシスタントボタン(決定ボタン上の白いボタン)を押すとGoogleアシスタントが起動し、発声で操作可能

いよいよ今年の年末から4K放送が開始されますが、未だに著作権保護チップの搭載をめぐってごたごたが続いているようなので、そういった面倒なものを抜きにしてさっと楽しめてしまうオンライン配信が人気になりそうな気がします。
※2018年12月1日より本放送が開始される、BS4K・110度CS4K放送を受信できる外付けチューナーを2018年内に発売する予定とのこと

サウンドバー

臨場感あふれる3次元の立体音響をフロントスピーカーだけで実現するサウンドバー2機種が発売されます。

独自のサラウンド技術により最新の音声フォーマット「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」と「DTS:X®」に対応しているので、簡単に設置して臨場感のあるサラウンドが楽しめるとのこと。

sonysoundbar1
サウンドバー 『HT-Z9F』
sonysoundbar2
サウンドバー『HT-X9000F』

 

商品型名発売日価格
サウンドバー『HT-Z9F』6月9日オープン価格
『HT-X9000F』
『HT-Z9F』専用リアスピーカー(別売)
(2本1セット)
『SA-Z9R』

このサウンドバーだけだと後方からの音響効果は低そうですが、HT-Z9F専用リアスピーカーも購入すればかなり満足のいく音響体験が楽しめそうです。
SA-Z9R_top

なおスピーカー間の接続はワイヤレスで行えるそうです(別途電源ケーブルは必要)。

SA-Z9R_img

詳細については下記をご参照ください。

4Kブラビア
サウンドバー 『HT-Z9F』
サウンドバー 『HT-X9000F』
リアスピーカーSA-Z9R

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です