Android Wear用ゴルフナビ・スマートゴルフナビがiPhoneに対応!

今か今かと待ちわびて、結局ぷくおの2月末のラウンドまでにiPhone対応が間に合わなかったスマートゴルフナビですが、この度ついにiPhoneに対応しました。

スマートゴルフナビが対応しているAndroid Wear端末は、2018年3月現在CASIOのPRO TREKSmart WSD-F20のみになります。

持っていない方は下記リンクからダウンロード、既にお持ちの方はWi-Fiに繋がる環境であれば自動アップデートされているはずです。

 

IMG_7690IMG_7691

 

アプリのダウンロードは無料ですが、使用に際しては次の通りの料金がかかります。
  • 1ヶ月チケット     240円
  • 1年チケット      2,400円
  • 5年チケット      9,800円
チケット購入期間内なら何度でも利用できるとのことです。

 

使用方法

チケット未購入時、購入済ともに、まずはアプリを開いて表示されるMENUボタンをタップし、チケットの購入やピン位置の更新を行います。

 

ゴルフ場の検索

Hole 19 for smart watch で一番の課題だったゴルフ場の検索も、スマートゴルフナビではGPSによる最寄りのゴルフ場の検索、履歴で検索、都道府県で検索、名称で検査。の4通りの方法で探せるそうです。

 

IMG_7682 IMG_7683 IMG_7684 IMG_7685
なおFAQを見ると、スマートウォッチ本体がWi-Fiに繋がっていなくても、Bluetoothを介してスマートフォンからコースデータを転送できる模様です。

 

プレー中の使用イメージは次の通り。

IMG_7687

IMG_7688

IMG_7689

この画面を見ると、ゴルフ場によってスタンダード、ピンポジ可能、綺麗なグラフィックとアドバイスも表示可能なプレミアムコースの3タイプがあるようですが、どのコースがそれぞれに該当するかの一覧は今のところ無さそうです。

 

ハーフラウンド終了後は自動的に省電力モードに移行するので、再開する際はSTARTボタンをタップし、コース選択から始めます。

 

アプリの終了は、右にスワイプ操作をしてアプリ一覧画面に戻ることで完了となります。
ショット位置や打数が記録されたり、スマートフォン内のスマートゴルフナビアプリと連携できるのかなどについても記載がないのですが、少なくとも手元でピンやグリーンまでの距離が分かるだけでも便利だと思います。

 

今後、更に機能強化を図ってほしいですね。

開発元:株式会社テクノクラフト

関連記事:
Hole19 GPS for Smartwatchのインストール方法について
PRO TREK Smart WSD-F20でどのゴルフアプリを使用するべきか

記事がイイね!と思ったらSNSでシェアしていただくか、ブログ村のボタンをポチッとしていただけると非常に嬉しいです(^^)
にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です