scopeさんにて本日22時からStool 60 藍染が発売開始!

フィンランドと日本の外交樹立100周年を迎え、アルテックで販売されているフィンランドデザインを象徴するスツール60と、自然の植物から生み出される伝統的な日本の染色技術が出会い、「スツール 60 藍染」が誕生しました。

スツール60藍染は、フィンランド産バーチ材をそのまま、世界から「ジャパンブルー」として知られる美しく深い青に染め上げています。また、染めているのは藍の産地として知られる徳島県を拠点に活動するBUAISOU。

藍の葉を畑で栽培し、染料となるすくも造り、染め色、プロダクトの製作を一貫して行う数少ない藍師・染師で、伝統技法「地獄建て」で仕込まれます。地獄の由来は、藍の葉を藍染液まで発酵させ、それを管理することが地獄のようにとても難しい作業であるということを意味し、世界で最も難しい染め技術と言われているそうです。

スツール60藍染は深く冴えた藍色に染まり、さらに天然の木目が透けて現れています。このスツール60藍染は日本限定商品とされ、ナチュラルラッカー仕上げを施したシリアルナンバー入り100脚の限定販売となっています。

このスツール60藍染が、今夜(2019年7月20日)22時より、スコープ楽天市場店で一斉販売開始となります。(購入は一家庭一脚のみ)

もちろんスコープなので個別販売されます。こちらのスツール60藍染は、北欧の家具でありながら和の空間にマッチしていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です