東京蚤の市・関西蚤の市 2019年秋開催が決定!

まだまだ暑い日が続くようですが、手紙社が主催する中で最大のイベントである「東京蚤の市」と「関西蚤の市」の2019年秋開催が早くも決定しました。

東京蚤の市

東京蚤の市といえば東京オーヴァル京王閣が定番という感じでしたが、2019年秋は東京が誇る美しく広大な公園である国営昭和記念公園で開催することが決定

さらに期間も2019年11月15日(金)〜17日(日)の3日間開催!「2泊3日の世界旅行」をテーマに、3日間通して来場したくなるようなコンテンツ盛りだくさんのイベントになるそうです。

イチョウの木や芝生、自然に囲まれた会場を舞台に、全国(世界からも?)から200組を超える出店者が集うそうです。

また、古道具や古家具、小物、ファブリック、家具などデザイン性に富んだアイテムが魅力の「北欧市」や色とりどりの花や植物が出迎えてくれる「花マルシェ」、かわいい器が並ぶ「豆皿市」なども開催されます。なお、「豆皿市」は「豆皿市&豆花器市(まめかきいち)」として今回リニューアル。いつもの豆皿だけでなく、コロンとしたフォルムが愛らしい小さな花器も並ぶとのこと。

メインステージではアーティストライブが行われるほか、親子で楽しめるキッズステージや会場内には愉快なパフォーマーに遭遇できたりするようです。さらにキッズアーケードやリュックサック・バザール、フードエアリア、ワークショップエリアなどのエリアも健在です。

今からどんなイベントになるのか楽しみですね。

「第16回東京蚤の市」開催概要

  • 日程:2019年11月15日(金)〜17日(日)
  • 入場料:前売券 800円/当日券1,000円(中学生以下無料)
  • 会場:国営昭和記念公園(東京都立川市緑町3173)
  • 主催:東京蚤の市実行委員会
  • Tel. 042-444-5367
  • HP:http://tokyonominoichi.com/2019_spring/
    *公式サイトは9月上旬オープン予定!

関西蚤の市

関西蚤の市は、今年で6回目となるJRA阪神競馬場を舞台に11月30日(土)から12月1日(日)の2日間開催されます。関西では140組ほどの出店者が予定されているそうですよ。

こちらも東京蚤の市と同様に様々なアーティスト、エリア、北欧市、豆皿市&豆花器市などが行われるようです。

「第6回関西蚤の市」開催概要

  • 日程:2019年11月30日(土)〜12月1日(日)
  • 入場料:200円(競馬場の入場料となります)
  • 開催場所:JRA阪神競馬場(兵庫県宝塚市駒の町1-1)
  • 主催:手紙社・JRA阪神競馬場
  • Tel. 042-444-5367
  • HP:http://tokyonominoichi.com/kansai/2018_winter/
    *公式サイトは9月上旬オープン予定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です