snow peakから登場した2021年新作ギアは上質なアウトドア体験につながるアイテムばかりでした!

未だsnow peakのホームページには掲載されていないけれど、アウトドア系ニュースサイトに掲載が始まったスノーピーク2021年の新作アイテムが結構良さそう。

2021年はシェルター、焚き火台、バーナー、ランタンと多岐にわたるカテゴリーで真新しい機能を備えたギアが20ほども発売されるんだとか。

まだ全容は分からないものの、いくつか気になった商品をピックアップしてみました。

フローガ L

最近ブームになってきている焚き火台の二次燃焼システム。昨年〜今年はDODから「めちゃもえファイヤー」・「ぷちもえファイヤー」が、またモンベルからファ「フォールディング ファイヤーピット」がそれぞれ発売されました。

そんな中、スノーピークからも新たなアイテム「フローガ L」が登場。特徴は何と言っても既存の「焚火台L」にセットすることで二次燃焼を発生させることができること。

▲二次燃焼の仕組み(via:DOD)

燃え切らなかったガスを暖められた空気で二次燃焼を起こすという仕組み上、収納時でもかさばるのが難点(収納ケースサイズは195×395×180mm)。

▲焚火台Lにセットしたところ

その代わり、すでに焚火台Lを持っている方はオプションパーツで機能が拡張されるのがメリットですね。

▲収納時。空気の通り道の関係からかあまりコンパクトにならない模様。

燃焼時の写真がないのでどんな雰囲気になるのかは未知数ですが、評判のいい焚火台とセットで揃えるのもありかななんて思ってしまいます。

フローガLスペック

  • 材質:本体/ステンレス、収納ケース/ポリエステル
  • サイズ:475×475×90(h)mm
  • 収 納ケースサイズ:195×395×180(h)mm
  • 重量:4.8kg
  • 価格:¥15,600
スノーピーク(snow peak) 焚火台 L [3-4人用] ST-032RS

スノーピーク(snow peak) 焚火台 L [3-4人用] ST-032RS

13,224円(07/28 16:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

さらに!焚火台LLも登場

焚火台Lは450×450×300(h)mmの大きさでおおよそ3〜4人用といったサイズになっています。今回、2倍ほどの容積になった「焚火台LL」が追加設定されました。

サイズは633×633×440(h)mm、重量11kg!!

一般的に販売されている30〜40cm程度の薪であれば簡単に飲み込んでしまうほか、流木などワイルドな焚火もしやすくなっているんだとか。

焚火台LLスペック

  • セット内 容:本 体
  • 材 質:ステンレス 鋼
  • サイズ:633×633×440(h)mm
  • 収納サイズ:882×810×42mm
  • 重量:11.0Kg
  • 価格:¥29,800

鉄板焼 エンバーナー

一見、アウトドア用品?と思ってしまいそうな、まるで家庭用ホットプレートのような見た目の「鉄板焼 エンバーナー」。

極厚の鉄板でステーキなどの豪快な料理を楽しむことができる卓上バーナー。しかも、バーナー本体が二重構造になっていることで輻射熱の強い極厚鉄板の調理が可能になっています。

輻射熱は大幅に軽減され、テーブルが焼けるという心配もないということですので、スタイリッシュな見た目と合わせて家用・アウトドア用のホットプレートはこれ1台で済ませることができるかもですね。

なお、鉄板を外せば幅広ゴトクが付いているので、スキレットやダッチオーブンなどの輻射熱の強い調理も可能とのこと。

鉄板焼 エンバーナー スペック

  • セット内容:バーナー本体、グリドル、収納ケース
  • 本体サイズ:360×330×90(h)mm ※ホース、器具栓を除く
  • 材質:ステンレス、鋳鉄(シリコン耐熱塗装)ブラス、アルミ、亜鉛ダイキャスト、樹脂
  • 出力:2500kcal/h
  • 価格:¥25,800

 

火焔ストーブ サカン

炎のゆらめきはキャンプの醍醐味。スノーピークからはすでに小さな炎を愉しむランタン「リトルランプ ノクターン」が発売されていますが、新たに一酸化炭素が発生しづらく環境に優しいバイオエタノールを使用し、さらにゴトクをセットすれば鍋料理や焼き鳥のような炙り料理にまで対応できる「火焔ストーブ サカン」が発表されました。

サイズはφ200×140(h)mm(収納サイズはφ220×110(h)mm)で、ぷくおブログ的には21cmのティーマを重ねあげたようなサイズ感といえば伝わるのでしょうか。

いまいちよく分からない比喩ですが、これが卓上にあったら結構存在感がありそうなことは間違いありません。

全て分解できるので、調理で汚れてしまった場合は水洗いも可能。とのことですが、美しい筐体が汚れてしまわないよう、調理するにしても鍋を温めるぐらいの方が良さそうですね。

火焔ストーブ サカン スペック

  • セット内容:本体、収納ケース
  • 材 質:ステンレス鋼、アルミニウム、耐熱ガラス 収納ケース/ポリエステル
  • サイズ:本体/φ200×140(h)mm、収納ケース/φ220×210(h)mm
  • 収納サイズ:φ220×110(h)mm
  • 価格:¥19,800

HDタープ“シールド”メーヴェL

一般的なタープと空間デザインを逆転させたという「HDタープ“シールド”メーヴェL」。

どう逆転させたのかというと、一般的にはテーブルを置くリビング中央部分が最も高く、逆に出入りする動線部分が低くなりがちなデザインに対し、メーヴェLでは中央を低くし、人の出入りが多い部分を高くしています。

現在分かるのは実物の正面からの写真1枚と、横からの図面?と展開図のみ。

展開図の左側真ん中と、右側の上下の3箇所が高く、左側上下、右側中央が逆に低い。ということで、確かに一般的なレクタタープよりも出入りしやすく、ヘキサタープよりタープ下有効空間が大きくなっていて良さそう。

逆に、今想像するデメリットとしては張り方のバリエーションが乏しくなりそうと言ったぐらいでしょうか(それらもポールを追加すればなんとでもなるのかも)。

実物を見ないとわかりませんが、結構本命になりそうなデザインのタープだと感じています(アイボリーが出てほしい)。

HDタープ“シールド”メーヴェL スペック

  • セット内容:本体、自在付ロープ(二又用10m×3、二又用7m×1、3m×2)、キャリーバッグ、ポールケース 、ペグ ケ ー ス
  • 材質:本体/210Dポリエステルオックス・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工
  • キャリーバッグサイズ:78×18×21(h)cm
  • 重量:4.4kg
  • 対応人数:6名
  • 価格:¥42,800

ロッジ型2ルームシェルター「グランベルク M / L」

スノーピーク史上最大クラスの広さを誇るインナーテント付きロッジ型シェルター「グランベルク」。

最初はいいな!と思っていたものの、なぜ紹介が最後になってしまったかというとあまりに大きすぎて張れるキャンプ場が限られてしまいそうだから(汗

というのも、Mサイズが全長最大約680×440cm、Lサイズが全長最大約860×520cmで、張り綱を考えると当然ですがそれ以上の敷地が必要。ということで、周囲の邪魔にならない広大な土地のキャンプ場でないと出番がなさそう(ギリギリ10m×10mの区画なら入るでしょうかね)。

その代わり、大きく取られた出入り口の張り出し部分を巻き上げると贅沢な空間が広がっていルホか、サイドウォールもフルクローズ/メッシュ/フルオープンが選べることから天候に合わせたサイトデザインも可能(スカートもあるので冬季もOKですね!)。

▲こちらはLサイズ

生地は落ち着いた色合いですが、紹介記事によるとコットンと見間違えるほどナチュラルな風合いのポリエステルなんだとか。この巨大幕がポリコットンだった場合、水を吸ったら撤収不可能になりそうなので、これは嬉しい仕様ですね。

グランベルク M スペック

  • セット内容:本体 、インナールーム、グランドシート、メインポール(×3)、サブポール(×6)、ジュラルミンペグ(21cm×10)、自在付ロープ(二又用10m×2、2.5m×6)、ループベルト、キャリーバッグ、インナールームケース、フレームケース、ペグケース
  • 材質:ルーフ・サイドウォール /300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧2,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/75Dポリエステルオックス・テフロン撥水加工、ボトム・グランドシ ート /210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、メインポール/A6061(Φ30mm)、サブポール/A6061(Φ17.5mm)
  • 全長:最大約680×440cm
  • 対応人数:3~5名
  • 価格:¥188,000

グランベルク L スペック

  • セット内容:本体 、インナールーム、グランドシート、メインポール(×3)、サブポール(×6)、ジュラルミンペグ(21cm×10)、自在付ロープ(二又用10m×2、2.5m×6)、ループベルト、キャリーバッグ、インナールームケース、フレームケース、ペグケース
  • 材質:ルーフ・サイドウォール/300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧2,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/75Dポリエステルオックス・テフロン撥水加工、ボトム・グランドシート /210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、メインポール/A6061(Φ30mm)、サブポール/A6061(Φ17.5mm)
  • 全長:最大約860×420cm
  • 対応人数:5~7名
  • 価格:¥238,000

 

いかがだったでしょうか。まだまだ詳細が不明な点もありますが、これ以外にも多数新商品が出るようなので、楽しみに続報を待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です