DODからクール&タフな焚き火台「ビートルくん」が誕生

最近様々な商品展開を行なっている「DOD」。

今回誕生したのは薪を切らずガンガン燃やせる大判ディスクと、脚を差し込むだけのシンプルな構造を持つ焚き火台「BEETLE FIRE PIT ビートルくん」。

クール&タフと名乗っているのに商品名が「ビートルくん」という愛嬌のある製品ですが、その由来はこのツノの生えたデザイン。名前はビートルハンガーといい、焚き火をしながらケトルをかけたりダッチオーブンや飯盒(はんごう)を吊るして調理することができるようになっているほか、組み立てが簡単な構造、直径50cmの大判サイズで薪もそのまま燃やせる、2mm厚のプレートによるタフな仕様、テキーラテーブルとの組み合わせも可能。などなど、シンプルながらも面白い製品に仕上がっています。

特徴

その1 ビートルハンガー

鍋などを吊るすハンガー「ビートルハンガー」とハンガーから吊り下げるための耐火塗装チェーンも付属。ただ、静止耐荷重は3kgまでとなっているので、ケトルや飯盒を吊るすのに最適ですね。

その2 大判サイズ

ビートルくんのサイズは直径50cm。そのため一般的な薪であれば切らずにそのまま置けて便利なサイズとなっています。

その3 燃焼効率が良い形状

中央部に向かってくぼんだ形状のため、空気が入りやすく効率よく燃焼させることが可能。また崩れ落ちた木材が中央に集まるため鎮火しにくいというのも扱いやすくていいですね。

簡単組み立て

ビートルくんは焚き火台本体に脚を差し込むだけの簡単な構造。さっと展開・撤収できるのもキャンプではいいですね。

タフなアイアン2mm厚のプレート使用

ビートルくんは2mm厚のプレートが採用されているだけでなく、表面には耐火塗装も施されているため、使い込むほど味が出るタフな仕様となっています。また、焚き火台本体の耐荷重は20kgとなっていて、本体にダッチオーブンを置いて調理することも可能です。

吊り下げスタイル

別売りのテキーラテーブルと組み合わせると、テーブルと高さを合わせて焚火を楽しむことが可能。焼き網を載せるのは難しそうなので、大きな鉄フライパンやダッチオーブン、スキレットなどで調理してそのままいただくのが似合いそうですね。

商品スペック

  • サイズ:(約)W62×D62×H92cm
  • 収納サイズ:(約)直径52×H8cm
  • 重量(付属品含む):(約)4.8kg
  • 静止耐荷重;本体:20kg、ハンガーポール:3kg
  • 材質:スチール
  • 付属品:ハンガーポール、チェーン×5本、キャリーバッグ
  • 価格:9,980円(2019/9/14現在 Amazon価格)

ぷくおの感想

DODから新たに誕生した焚き火台「ビートルくん」。思い出したのは、コールマンから発売されているステンレス製のファイヤーディスクとファイヤーディスクプラス。鍋などを吊り下げる部分こそありませんが、サイズは直径が45cmと60cmで、こちらもダッチオーブン対応となっています。

ビートルハンガーや2mm厚の耐火塗装仕様のプレート、さらにテーブルとの組み合わせによる拡張性をどう判断するかで存在価値も変わってきそうだなと思いました。

Coleman(コールマン) ファイヤーディスクプラス 2000032516

Coleman(コールマン) ファイヤーディスクプラス 2000032516

9,328円(10/13 22:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です