【ANA】エアバスA380型機「FLYING HONU」のホノルル線就航日が決定

ANAが成田=ホノルル線に導入する総2階建となるエアバスA380型機の就航日が2019年5月24日(金)に決定しました。

エアバスA380型機での運航は週3往復(火・金・日出発)より開始し、2号機を投入する2019年7月1日(月)より、週10往復まで拡大するとのこと。

これに伴い下記の通りサービス・イベントが開始されます。

機内サービス一新

FLYNG HONU就航に合わせて、ホノルル線の機内サービスが一新されます。また、日本発着すべてのクラスでANAブルーの機体をイメージしたブルーハワイカクテルが用意されるほか、すべてのクラスにお客様が自由にドリンクやスナックなどの軽食を取れるバーカウンターも設置されるとのこと。さすが機体に余裕のあるA380ですね!

ファーストクラス

  • 【アメニティ】世界初、英国グローブトロッターとコラボレーションしたアメニティキットを提供
  • 【機内食】オアフ島コオリナ地区にある5つ星リゾートホテル・Four Seasons Resort内のイタリアンレストラン「Noe」とのコラボレーションメニュを提供。
  • 【寝具】東京西川さんの羽毛掛け布団と快適なシーツマットを採用。さらに高品質ハンガリー産ホワイトダックダウンを使用したふかふかな枕や、テネリータ製のブランケット、オーガニックコットン100%のリラックスウェアも用意。

ビジネスクラス

  • 【アメニティ】アメリカ西海岸生まれのフレッドシーガルとコラボレーションした限定デザインのアメニティキットを提供。
  • 【寝具】丸八プロダクトの羽毛を使用した掛け布団を採用。枕は裏表でふわふわ/もっちりの2つの感触が使い分けられる構造になっているそうです。さらに、ベッドパッドとリラックスウェアをホノルル線にも導入。

プレミアムエコノミー

  • 【アメニティ】オリジナルデザインのエコバッグをプレゼント。生活防水素材で作られているため、ビーチやプールでも便利に使えます。
  • 【機内食】今までのANA・プレミアムエコノミーと異なり、ホノルル線ではプレミアムエコノミー専用の和食・洋食のメニューが用意されます。

エコノミー

  • 【機内食】ハワイでも人気のシドニー生まれのオールデイカジュアルダイニング「bills」とのコラボレーションメニューを提供。さらに、機内食についてくるミニカードをbillsワイキキ店にお持ちいただくと、ウェルカムドリンクをプレゼント。

カウチシート

ふくらはぎをサポートするレッグレストをあげて、ベッドのように利用できるカウチシートが日本の航空会社として初めて設定されます。3席または4席を占有し、フラットな座面が広がるので、子供や大人が横になれるシートになっています。

  • カウチシートには専用の寝具として、シーツマット、枕、毛布を用意。

お子様づれ

  • お子様づれの方へのサービスが充実。特別機内食のベビーミール、チャイルドミールを申し込みされた方には、人気メーカー「エジソンママ」のオリジナルフォーク&スプーンをプレゼント。
  • お子様づれの方には、オリジナルデザインのエコバッグや飛行機風船をプレゼント。

FLYING HONU就航記念パーティー開催!

FLYNG HONU就航を記念した新たな商品がANAセールスで準備中とのこと。

発売日は未定ながら、同社の就航記念商品にてA380初便にご搭乗のお客様を対象に、ホノルルでの就航記念パーティーを開催いたします。
FLYING HONUにちなんだクイズ大会の実施や、記念グッズ、軽食、ドリンクが催されるそうです。

ホノルル市内無料電気バス導入

2019年4月20日(度)より、電気バス「ANAエクスプレスバス」を航空会社としてハワイで初めて導入するそうです。

経路は人気拠点であるワイキキの「T ギャラリア」から「アラモアナセンター」をノンストップの片道約12分で運行。

ANA便を搭乗したANAマイレージクラブ会員(AMC)の方は無料で利用可能とのこと。現時点ではAMC以外の方の利用については発表されておりません。

利用可能時間は、Tギャラリアを9時始発。最終初はアラモアナセンターを21時45分に設定。運行頻度は15分間隔、座席数は31席(立ち乗り可)。

ぷくおの感想

ついにいろんな経緯でANAへ導入されることになったエアバスA380型機の就航日が決定されました。

ANA・ホノルル線の機内サービスはどちらかというと低グレードだった印象が、一気に挽回する気合が見られます。

また、総2階建機で座席数も大幅増となることから、今まで至難だったホノルル線の特典航空券が拡大とアナウンスされていますので、ビジネス利用(そうでなくてももちろん良いですが)でマイルを貯めて、オフで家族でハワイに行く。という観点で見るとANA全体にとっても良い効果が生まれそうです。

すでに発表されていたダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)にANAがラウンジを新設することと合わせて、来春の就航が楽しみになりますね。

ダニエル・K・イノウエ国際空港にANAがラウンジを新設

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です