新型Jeep ラングラー 2.0Lモデルの燃費が判明

アメリカでは徐々に納車が進んでいる新型Jeep ラングラー(JL型)。
JL型では既知の通り、改良された3.6L・V6エンジンと、2.0L・直列4気筒ターボエンジンの2種類が登場します(追ってディーゼルやPHEVも登場予定)。2000

既にV6エンジンの燃費は判明していましたが、ようやく4気筒エンジンの燃費も判明しました。

気になる燃費は?

  • Jeepラングラー 4WD 2.0L AT
    複合  10.2km/l
    市街地 9.8km/l
    高速  10.6km/l

  • Jeepラングラー Unlimited 4WD 2.0L AT
    複合  9.4km/l
    市街地 9.4km/l
    高速  10.2km/l

とのことです。
ちなみにV6エンジンは
複合  8.5km/l
市街地 7.7km/l
高速  9.8km/l
なので、4気筒モデルは10〜20%程燃費が良いようです。

日本仕様のJC08モード燃費で比較(2019/1/23追記)

日本で登録されたJC08モード燃費は次の通りとなっています。

  • Sport:9.6km/l
  • Unlimited Sport:11.5km/l
  • Unlimited Sahara Launch Edition:9.2km/l

指定燃料や維持費について

ただし、4気筒エンジンは今はやりのダウンサイジングターボであるため、指定燃料はプレミアムガソリンと記載されています。
アメリカのプレミアムガソリンはオクタン価91-93。日本のガソリンのオクタン価は、レギュラーが89以上。ハイオクが96以上となっています。

微妙にレギュラーガソリンではオクタン価が足りないので、日本で発売されるときはハイオク指定になりそうですね※4気筒エンジンもレギュラーガソリン指定であることが判明しました。

それぞれのモデルで複合モード燃費で1,000km走った場合を比較すると

  • 2Lラングラー     13,430円(98L)
  • 2LラングラーUnlimited   14,680円(106.4L)
  • 3.6Lラングラー     16,110円(117.6L)

と、だいたい1250円〜2700円の差(ガソリン価格は全てレギュラーで137円/1Lで計算)となってしまいます。

(JC08モード燃費で比較)

  • Sport:14,270円(104.2L)
  • Unlimited Sport:11,910円(87.0)
  • Unlimited Sahara Launch Edition:14,890円(108.7L)

もちろん排気量によって自動車税も変わり、次の通り年間で27,000円の差があります。
※2019年10月1日から1,000円減税となります。

  • 2Lモデル:39,500円/年
  • 3.6Lモデル:66,500円/年

その他の消耗品等を考えてみる

  • バッテリー:バッテリーはマイルドハイブリッドとなる2Lモデルの方が高価なものになりそう
  • エンジンオイル:部品数の多い3.6Lモデルの方がオイル量は多そうだけど、2Lモデルの方が性能要求が高そう
  • ハンドリング:ハンドリングが重視される車ではないけれど、やはり2Lモデルの方が鼻先が軽い分良いハンドリングになりそう

    といった感じでしょうか。

ぷくおならどちらを選ぶか

一番金額差が大きくなる本体価格が不明ですが、アメリカの掲示板では3.6Lに比べて2Lモデルは1,500$安い(約16万円)と記載されています。

この金額差なら、これからのEV化で味わえなくなる多気筒モデルかなという感じがします。
正確な金額と、何より日本デビューについての続報を待ちたいと思います。

関連記事

2018年12月に気になる新型ラングラーに試乗してきました!

JEEP新型ラングラー(JL)試乗してきました。(12/31見積もり追加)

2019年5月からついにルビコンが発売開始されますね!

アメリカのJeep公式サイトで日本仕様のルビコンをシミュレーションしたら、意外とお得なモデルに思えてきました。

新発売のJeep ラングラー アンリミテッド ルビコンは日米価格差少なくお買い得かも!

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です