パナソニックから業界初となる4Kチューナー内蔵レコーダーが発表

2018年12月1日から始まる4K衛星放送。

その高精細映像を録画するブルーレイハードディスクレコーダー「DMR-SUZ2060」がようやく発売されました。
 
IMG_0379
 
DMR-SUZ2060の発売は11月16日で、価格はオープンプライス、推定市場価格は13万円前後(税別)の見込みとのことです。
 
DMR-SUZ2060が搭載するチューナー数は、BS4K・110度CS4K放送、地上デジタル放送、BS・110度CSデジタル放送:1、地上デジタル放送、BS・110度CSデジタル放送:2の計3ch。
 
また、HDD容量は2TBとなっています。
 
もちろん4K衛星放送だけではなく、4Kの映像が収められたUltra HD ブルーレイの再生や4K/HDRが配信されているNetflixやAmazonプライム・ビデオをはじめとするインターネット動画も対応しています。
 
さらに、接続するテレビに合わせて映像フォーマットを自動で調整する機能や、外出先でもスマホから放送中の番組や録画番組、ディーガ内に保存した音楽・写真・動画などを楽しめたり、録画予約も出来るようになっています。
 
IMG_0378
 
詳細はこちらから
 

ぷくおの感想

ようやく4K衛星放送が録画できるレコーダーが発売されました。
 
少し値段が高いですが、いち早く4K放送が視聴できる環境が整っている方で、録画を考えているのであれば要チェックな製品ですね。
 
今後出てくる他メーカーのレコーダーも気になりますね。
 
 
 

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村

 

クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!

毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です