アルヴァ・アアルトの個展が今秋葉山で開催

ぷくおお気に入りのアアルトベースを始め、数々の建築物・デザインで名作を生み出してきたフィンランドのアルヴァ・アアルト氏の個展「アルヴァ・アアルトーもうひとつの自然」が神奈川県葉山にある「神奈川県立近代美術館 葉山」で開催されます。

IMG_9360
アトリエのアアルト 1945 
Aalto in his studio, 1945 ©Alvar Aalto Museumphoto: Eino Mäkinen
 
会期は2018年9月15日〜11月25日。
個展では、個人の邸宅や教会、図書館などをはじめ、万博のパヴィリオンや家具など、幅広く活動したアアルト氏の作品を多面的に見られるとのこと。
 
この個展はドイツのヴィトラ・デザイン・ミュージアムと、フィンランドのアルヴァ・アアルト美術館による国際巡回展となっています。
 
世界中で愛されている創作の数々を、ヴィンテージプロダクトを含む300点以上の作品と資料が紹介されるそうです。
 
IMG_9361

フィンランド・パヴィリオン、ニューヨーク万国博覧会 1939
Finish pavilion, World’s Fair, New York, 1939 ©Alvar Aalto Museum, Esto Photographics
photo: Ezra Stoller/ Esto Photographics Inc.

 

アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然

会期:2018年9月15日~11月25日

会場:神奈川県立近代美術館 葉山
住所:神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
電話番号:046-875-2800
開館時間:9:30〜17:00
     ※入館は閉館の30分前まで
料金:一般 1200円 / 20歳未満・学生 1050円 / 65歳以上 600円 / 高校生 100円
休館日:月(9月17日、24日、10月8日は開館)
 

アルヴァ・アアルトについて

アルヴァ・アアルトは1898年フィンランド生まれの建築家・デザイナー。 
大学で建築を学び、建築事務所での勤務を経て1923年に個人事務所を設立。 
 
以後、図書館や教会、個人の住宅など幅広く建築物を設計したほか、
37年にパリ国際博覧会フィンランド館、
39年にニューヨーク国際博覧会フィンランド館を手がけるなど、
フィンランドを代表する国際的な建築家として活動。

 
 
大好きなアルヴァ・アアルトの個展。葉山は微妙に遠いですが、ぷくおもなんとか予定を空けて訪れてみたいと思います。
 
 
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!

毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です