マリメッコから冬の気配を感じさせる優雅なデザインの新作が登場

マリメッコから、冬の気配を感じさせるカラーリングのホームコレクションが登場します。注目はアイノ-マイヤ・メッツォラによる新作Talvipalatsi(タルヴィパラツィ/冬の宮殿)。

こちらはアラビア文化に着想を得て描いた装飾的なデザインで、確かに白線で描かれた模様がイスラム圏のアラベスク模様のように思えてきます。

現状ではまだエプロンしかタルヴィパラツィ柄の商品が紹介されていませんので、どんな商品が展開されるのか楽しみです。

▲Talvipalatsi エプロン

また、赤の陰影で表現したウニッコ柄も登場するようですよ。

販売開始予定日は2019年10月25日(金)から。まずは下記公式オンラインショップをチェックしてみてください。

▲Mari Apron dress

▲Tiise Puketti pouch

▲Fandango ハンドタオル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です