ANAが3月1日より国際線機内サービスを拡充/一新

ANAが2019年3月1日より国際線の新機内サービスを開始するそうです。

新しいサービスは、1.機内食 2.機内アメニティの2部門となっています。

機内食

ビジネスクラス向け

ビジネスクラスでは、今までANAマイレージクラブ会員限定で機内食の事前予約サービスが行われていました。こちらが、3月1日搭乗分からビジネスクラス搭乗者全員・全路線が対象になるとのこと。

どんなサービスかというと、和食と洋食(肉料理のみ)の2種類しか選べないものが、次のように事前予約が行えるようになります。

<洋食>
事前予約サービスにおいて、洋食はメインディッシュの選択肢が複数ある場合、現行の肉料理に加えて魚料理と野菜料理も選択が可能に。
対象路線:日本発着欧米路線(ホノルル線を除く)、一部アジア路線(タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、インド、ベトナム、ミャンマー、カンボジア路線)

<コラボレーションメニュー>
事前予約サービスにおいて、搭乗便以外で提供している有名レストランやシェフとのコラボレーションメニューを選択可能に。
対象路線:日本発着欧米路線(ホノルル線を除く)、一部アジア路線(タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、インド路線)

また、ビジネスクラスとファーストクラスの和食器が一新され、モダンタイプの食器も導入されるそうです。

  • 開始日:2019年3月1日搭乗分から(2月20日14時予約開始予定)
  • 対象クラス:ビジネスクラス
  • 予約締切:出発の24時間前まで
    ※周遊旅行、団体旅行、包括旅行などの割引運賃をご利用の場合は利用不可

プレミアムエコノミー、エコノミークラス向け

日本を出発する国際線プレミアムエコノミーとエコノミークラスで、新たに有料機内食メニュー(和食・洋食)を選べるようになります。食材や味付け、見た目にこだわった食事となっているそうです。

  • 開始日:2019年4月予約開始予定
  • 対象路線:日本発欧米路線(ホノルル線を除く)
  • 対象クラス:プレミアムエコノミー、エコノミークラス
  • 予約締切:出発の24時間前まで
  • 販売価格:2,500円
食事例
日本発の有料機内食メニュー
アペタイザー:海老とスモークサーモン コッパハムの取り合わせ
メインディッシュ:金目鯛の煮付け(和食)、国産牛のハンバーグ(洋食)
デザート:ピエール・エルメ・パリ監修のデザート

機内アメニティ

ファーストクラス

掛け布団は良質な羽毛を内蔵した西川製、枕はハンガリー産ホワイトダックダウンを使用したふかふかの枕が採用されたほか、ブランケット、カーディガンも一新されたとのこと。

また、アメニティキットには英国ラグジュアリーブランド「グローブ・トロッター」とコラボレーションしたアメニティポーチを航空会社として世界で初めて提供。

人気色のアイボリーを日本発便から順次、3〜4ヶ月ごとに新しい色のポーチが用意されるそうです。

【ファーストクラスアメニティキットアイテム】
・ザ・ギンザ エッセンスエンパワリング セット
 クリーミークレンジングフォーム(洗顔料) 5g
 エッセンスエンパワリング・デー(日中用美容液) 5ml
 エッセンスエンパワリング(夜用美容液)5ml
・歯ブラシセット、アイマスク、イヤプラグ

ビジネスクラス

ビジネスクラスでは丸八プロダクトの羽毛を使用したコンフォーター(掛け布団)、ふかふかな羽毛面ともっちりとしたウレタン面を好みに合わせて使い分けできる新しい枕を採用したほか、カーディガン、パジャマも一新。

また、アメニティーではグローブ・トロッターのアメニティポーチが採用され、アイテムは以下のものが提供されるそうです。
【ビジネスクラスアメニティキットアイテム】
・雪肌精 MYV
 トリートメントウォッシュ(洗顔料)10ml
 コンセントレートローション(化粧水)13ml
 コンセントレートクリーム(クリーム)6g
・歯ブラシセット、アイマスク、イヤプラグ

ぷくおの感想

今回始まるANA国際線の新機内サービス。とはいえ、ビジネスクラス機内食の事前予約サービスは、日本在住の利用者ならかなりの確率でANAマイレージサービス会員に入会しているでしょうから、どちらかというと外国人利用者向けサービスかなと思いました。

寝具のリニューアルも、すでに十分快適だったものがより快適になるというものでそれほど目新しくは感じませんでした。

一番身近なエコノミー/プレミアムエコノミーの有料機内食ですが、食器も(おそらく)陶器製になっていますし、見た目も良くなっていますが、正直ボリュームが男性などだと足りるのかな?と思ってしまいました。

少食のぷくお妻のような食にこだわりがある人なら追加料金を払いそうな気がしますが、せめてプレミアムエコノミーなら標準で付いていてほしかったなという感想です。これからも日本の大手キャリアとしてますます頑張ってほしいです。

※シンガポール航空のプレミアムエコノミーでは、機内で3種類のメニューから、事前予約では例えば羽田発便なら8種類のメニューが選べるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です