【新製品ニュース】ソニー・ハイレゾ対応ヘッドホン『MDR-1AM2』発売

ソニーより、超高域100kHzまでの広帯域再生を実現し、様々なジャンルの音楽も原音に忠実なサウンドで楽しめるハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源対応ステレオヘッドホン『MDR-1AM2』をはじめとする計5製品の発売が発表されました。

 
5製品の中でぷくおが気になったのは次の2つ。

プレスリリースはこちら

こちらが目玉の『MDR-1AM2』

色はブラックとシルバーの2色で3月10日発売予定。

MDR-1AM2

広帯域再生を実現する新開発の40mmHDドライバーユニットを搭載し、ハイレゾの音をクリアに表現するとのことです。

その他、銀コートOFC線や不要な振動を抑制するハウジング、バランス接続といった高音質を実現するための様々な対策をした上に、長時間リスニングを快適にする優れた装着性を実現しているとのこと。

ソニーストアでは29,880円+税になります。

 
y_MDR-1AM2_001

バランス接続ヘッドホンケーブル(約1.2 m)、マイク/リモコン付きヘッドホンケーブル(約1.2 m)、キャリングポーチが付属します。
MDR-1AM2_02 (1)

耳が衰えてきたぷくおではハイレゾの聞き分けができるかどうか分かりませんが、気分の問題としてバランス接続ができたりケーブルの交換が出来るのはポイントが高いですね。

 

また、大型ドライバーユニットが搭載されていること、長時間着けていても快適と謳っています。

 

ぷくおはBOSEのQC15というヘッドホンを持っているのですが、海外フライトなどで長時間着用していると片方の耳が圧迫されて痛くなるので、着け心地がいいヘッドホンは本当に大事だと考えていますので、実際にお店で試してみたいです。

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット・WH-CH700N

デジタルノイズキャンセリング機能を搭載し、「航空機内の騒音」、「電車やバス内の騒音」、「オフィス、勉強部屋の空調機器・OA機器の騒音」をに適したモードを備えます。
また、専用スマホアプリでサラウンド効果やイコライザー機能が使用可能とのこと。

 
色はブラック、グレー、ブルーの3色。
WH-CH700N

マイクロUSBケーブル、ヘッドホンケーブルが付属します。

※キャリングケースが付かないのが注意ですね。
WH-CH700N_01

こちらは充電式で、最大35時間使用可能とのこと。また、高磁力ネオジウムマグネットを採用した40mmドライバーユニットを搭載して豊かな低域とクリアな中高域を実現していたり、人間の耳の角度に合わせたドライバーユニットや独自のハンガー構造により快適かつ安定した装着を実現しているそうです。

 
マイクを搭載しているのでスマホの音声アシスタントが利用可能である他、付属ケーブルでワイヤード使用も可能とのこと。
 
値段もソニーストアで18,880円+税とのことで、BOSE製品に比べると買いやすいですね。

これでノイズキャンセリング効果が優れていれば買い替えるのもよさそうです。

その他

コンパクトなオンイヤータイプで、手軽にワイヤレスリスニングを楽しむWH-CH400やコンパクトに持ち運び、手軽にワイヤレスリスニングを楽しむWI-C300。デジタルサラウンドヘッドホンシステムのWH-L600も発売予定となっております。

 

WHーCH400

小型軽量(107g)ながら最大20時間の長時間ワイヤレスリスニングを実現。マイクも搭載されているので、通話やスマートフォンの音声アシスタントも利用可能。

 

 

 

WH-CH400

 

WI-C300

約15gの軽量設計で快適な装着感を実現します。こちらもマイクも搭載されているので、通話やスマートフォンの音声アシスタントも利用可能。

WI-C300

 

WH-L600

7.1ch(*入力は5.1chまで)が楽しめるデジタルサラウンドヘッドホンシステムのWH-L600。
立体感がより高まり、映画などのコンテンツを臨場感豊かに再生できます。
こちらは持ち運びではなく完全に自宅用になりますね。

WH-L600

ACアダプター、光デジタル音声ケーブル(約1.5m)が付属。

WH-L600_05

にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です