2年半ぶりに開催される「東京蚤の市」の会場が決定されました!

6月3日(金)〜5日(日)の3日間、約2年半ぶりに開催する「第17回 東京蚤の市」。

2年半ぶりに「東京蚤の市」が開催決定!

開催自体は先日発表されたものの肝心の開催場所は後日公開とされていましたが、復活1回目となる今回の会場も、再び「国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン ゆめひろば」となることが発表されました。

再出発となる東京蚤の市のシンボルとなるビジュアルを、イラストレーターのオカタオカさんが製作。ここに登場する動物たちも、会場の至る所で活躍する予定なんだとか。どんな風に登場するのかこちらも楽しみですね。

出演アーティスト第1弾情報

東京蚤の市といえばお買い物と食べ物、そして音楽ライブがお楽しみとなりますが、出演アーティストの第1弾が発表されました。

3組ずつ日替わりでスペシャルなライブをお届け予定とのことです。

6月3日(金)

  • 栗コーダーカルテット
     ユーモア溢れる演奏は、子どもも大人も夢中に。晴れやかな青空のもと、心弾む軽やかなカルテットをお楽しみください!
  • 曽我部恵一
     「サニーデイ・サービス」のフロントマンとして新しいフォーク・ロックを世に送り出し、ソロでも活躍の幅を広げる唯一無二の表現者。熱い魂が込められたギターとヴォーカルをぜひ会場でお楽しみください!
  • ビューティフルハミングバード
     ヴォーカル・小池光子さんの伸びやかな歌声と、“タバティ”こと田畑伸明さんの奏でる透明感に満ちたギターサウンドが、会場をじんわりと包み込みます。二人が紡ぐ幸福な空間で、安らぎのひとときをどうぞ。

6月4日(土)

  • ザ・ぷー
     ギター、テルミン、パペット人形(!?)によって展開される、一度聴いたら忘れられないミュージックエンターテインメント! シュールなパフォーマンスが楽しめるそうですよ。

6月5日(日)

  • ユカリサ
     メンバーそれぞれがメインヴォーカルをとり、コーラスをとり、演奏する、新しい形の音楽グループ。3つのラインが重なり合い絵画のように表現される、静謐で豊かなハーモニーをご堪能ください。

「第17回東京蚤の市」開催概要

  • 日程:2022年6月3日(金)〜5日(日)
  • 開催時間:9:30〜17:00
  • 入場料
    • 前売券 9:30からの入場▷1,200円、11:00からの入場▷1,000円
    • 当日券1,500円
    • (中学生以下無料)
  • 会場:国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン ゆめひろば
  • 主催:東京蚤の市実行委員会
  • 出店者数:約200組
    • ▶︎古道具、古書、古着、雑貨、東京北欧市、東京アジアンタウン、キッズマルシェ、花、世界のティールーム、東京おやつ通り、フード、ワークショップ
    • ライブ▶︎1日3組のアーティストを予定
    • 場内パフォーマンス▶︎パントマイム、ジャグバンド、手回しオルガン、バルーンパフォーマンスなど
    • 会場企画▶︎物々交換の本棚、プレゼント付きスタンプラリーなど
北欧ヴィンテージテキスタイルブック

北欧ヴィンテージテキスタイルブック

cotonoha出版
3,800円(07/06 22:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。