日本一景観の良いスタバになるかも? 白馬山麓エリアにスノーピーク初の体験型複合施設が開業

スノーピークが、長野県白馬村に「店舗エリア」「野遊びエリア」「イベントエリア」を融合した体験型複合施設「Snow Peak Land STATION HAKUBA(スノーピークランドステーション白馬)」を2020年4月に開業するそうです。

施設全体の意匠設計を行うのは世界的建築家の隅健吾氏。同市のデザインらしく自然素材を活かし自然と調和する外観、内装で、特徴的な木組みの天井部分は雪の結晶をイメージ。テラスや外空間を最大限広く取り雄大な山岳景観を眺めながら外で過ごすことを楽しめるデザインになっているとのこと。

店舗エリア

店舗エリアに入るのは次の4つ。

  • 国内最大級のスノーピーク直営店
  • ミシュラン星獲得店「神楽坂 石かわ」石川氏監修レストラン
  • スターバックス
  • 白馬村観光局インフォメーション

ここで注目はやはり「神楽坂 石かわ」の石川氏監修のレストランとスターバックス。

レストランでは、素材を活かす調理法にこだわった料理の提供だけでなく、収穫・クッキングイベントやアウトドアディナーなどの体験プログラムを展開するそう。

スターバックスは、木材を基調にした自然を感じる内装や隅氏設計の大屋根の下でコーヒーを片手に目前に広がる山岳風景を楽しめるそうです。

こちらの写真はCGだと思われますが、おそらくスターバックスの店舗からもこんな風景が楽しめるのでしょう。

下の写真は一時”世界一美しいスタバ”で有名になった富山の富山環水公園店のテラスから見た景色。残念ながら夜景写真しかありませんでしたが、運河と天門橋の眺めがとても素敵でした。

予想CGにあるような緑と雪や紅葉と雪のコントラストが楽しめる時期は本当に美しそうですね。

野遊びエリア

野遊びエリアは、白馬の圧倒的な大自然の中での「手ぶらCAMP」や隅氏とスノーピークが共同開発したモバイルハウス「住箱ーJYUBAKO」宿泊プランなどで手軽にキャンプ体験が楽しめます。

イベントエリア

広々としたイベントエリアではマルシェや焚き火などが楽しめるプログラムが定期的的に開催予定。地元の方々や観光客の方々との交流を生み出したり、ゆらめく炎を囲みながら人と人が繋がる、野遊びの素晴らしさを体感できるそう。

レンタルサービス「Snow Peak To Go」

気軽にアウトドア体験を楽しめるよう、レンタルサービス「Snow Peak To Go(スノーピークトゥーゴー(仮称))も開始予定。テーブルやチェア、ケトル、ドリッパー、マグカップなどスノーピーク製品とともに観光情報が提供され、施設内に留まらず周辺地域をフィールドに、アウトドアでの豊かな時間をお過ごしいただきます。

スノーピークは今年7月に最高峰の体験を提供するグランピング施設「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」を白馬・八方尾根にオープンしていますが、今回のスノーピークランドステーション白馬のオープンにより、ますます白馬山麓エリアの魅力がアップしますね。

スノーピークが大人のための最高峰グランピング施設「Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN」をグランドオープン!

スノーピークランドステーション白馬概要

  • 名称:Snow Peak LAND STATION HAKUBA(スノーピークランドステーション白馬)
  • 所在地:長野県北安曇郡白馬村大字北城 白馬八方第四駐車場跡地ほか
  • 開業日:2020年4月(予定)
  • 施設概要:スノーピーク店舗(物販・レンタル等)、白馬村観光局インフォメーション、レストラン、スターバックス
  • 敷地面積:約9,200㎡、建築面積:約1,400㎡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です