ANA国際線・プレミアムエコノミーのオークション制開始について

ANAの国際線におけるプレミアムエコノミーへのアップグレードが2018年4月17日よりオークションで入札可能になりました。

今回始まるサービスの名称は「Bid My Price」。
Bid My Priceとは次のような内容になります。

エコノミークラスのフライトをご購入いただいた後に、プレミアムエコノミーへのアップグレードができる入札サービスです。通常、専用運賃の購入でご利用いただけるプレミアムエコノミーを、出発直前の予約状況と、お客様ご自身で入札いただく金額に応じてアップグレードさせていただきます。 

対象条件

対象となるお客様

ANAウェブサイトにて以下条件を満たす航空券をご購入いただき、かつ本サービスのご案内メールを受信されたお客様になります。
・エコノミークラス有償航空券
・旅程開始国が日本、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドのいずれか

アップグレード対象路線

・ANA運航の 日本 ⇔ アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア路線(日本国内線は除く)

入札の流れ

1.ご案内
・対象となるお客様向けに出発7日前に案内メール送付

 

2.入札
・参加希望の方はメール内案内に従って申し込み
・入札画面では、予約した全旅程の中で当サービス対象フライトが表示されます。それぞれのフライトへ入札額に応じたゲージが設定されており、定められた金額範囲内で入札額を指定します(通貨は円、米ドル、英ポンド、ユーロから選択可)。
・入札締め切りは出発3日前(72時間前)。

 

3.支払い情報の登録
・アップグレードが確定した際に支払いを行うクレジットカードを登録します。

 

4.アップグレードの案内
・入札に成功した場合はアップグレード後のeチケットとEMDお客様控えを出発時刻の24時間前までに送付。
・アップグレードは入札額の高いお客様順に確定。複数名が同額で入札されている場合、購入した航空券の予約クラス、ANAマイレージクラブの会員ステイタス、入札実行日時の優先順位に基づきます。
・入札締め切り時点でのプレミアムエコノミー予約状況によってはアップグレードを承れない場合があるとのこと。

 

入札に成功しなかった場合
・出発時刻の24時間前までに結果がメールでお知らせされます。入札金額は引き落としされず、エコノミークラスにてご搭乗となります。

 

利用上の注意
・マイルの積算、旅程の変更可否は購入した航空券に適用されている運賃規則に基づきます。
・アップグレード先のプレミアムエコノミーの座席指定は事前に承ることはできません(出発時刻の24時間前からオンラインチェックインにて座席指定の変更が可能な場合あり)。
・同一予約で複数名の予約をしている場合、本サービスの案内メールは代表者へ送付。サービスを申し込む際は同一予約内の全員が対象となります。
・出発4日前(96時間前)までは入札内容の変更・キャンセルが可能

 

プレミアムエコノミーの内容について

地上サービス

・優先手荷物
 到着地での手荷物の優先受け取りが可能に。

 

・ラウンジ
 空港のラウンジが使用可能に。

 

機内サービス

・快適な座席
 シートピッチが38インチ(約97cm)、座席幅が19.3インチ(約49cm)に拡大。座席モニターも11インチ(機種により10.6インチ)と大きくなります。
 また、レッグレストやフットレスト、大型テーブルも装備されます。

 

・飲み物やスープが充実

・スパークリングワイン 
・スープ* 
・柚子香る鶏豚そばスープ(ヨーロッパ・バンコク・インド・シンガポール)
 ・ミニうどん(北米・メキシコ・シドニー・クアラルンプール、ジャカルタ)
 ・ご搭乗便のビジネスクラスのシャンパン、ワイン、日本酒、梅酒、焼酎(水割り・ロック)、デザート* 
*1食目のサービス終了後から2食目のサービス開始前までの時間にお召し上がりいただけます。 
 路線 : 成田・羽田発着のプレミアムエコノミー設定路線のみ(便によりサービス内容が異なります。デザートは夜および早朝出発便ではご用意がありません。詳しくは客室乗務員にお尋ねください。)

・ノイズキャンセリングヘッドホンの貸し出し

 

・寝具セット(枕、毛布)、スリッパ、アメニティグッズ(歯ブラシ、アイマスク、耳栓、ポケットティッシュ)をご用意

 

ぷくおの感想

日系企業のプレミアムエコノミーは結構高いのでオークション制により快適な座席やサービスが身近になりそうなことは嬉しいですね。
ただし、そもそも対象とされるのが案内メールが送られた方、同額入札者がいた場合の優先順位など、ANAの裁量が大きいことが気になります。
また、入札可能額が定められているとのことですが、最低入札金額についても気になります。

 

さらに気になる点
ANAマイレージクラブのプラチナクラスとダイアモンドクラス、スーパーフライヤーズ(SFC)会員の方には、プレミアムエコノミーに空席がある場合には追加料金不要でアップグレードが可能となっています(搭乗手続き時やオンラインチェックイン時に手続きを行う)。

 

今回のBid My Priceサービス開始により、搭乗時まで空席となるプレミアムエコノミー席が減ることは間違いないでしょうから、今以上にアップグレードになる可能性は減ってしまいます。

 

ぷくおはこのサービスが魅力だったので、会員ステータス取得を目指すならANAだと思っていただけにちょっとガッカリです。

 

※試しに6月2日の東京→ニューヨークを検索したところ、エコノミー(Value)とプレミアムエコノミーの差額は約8.6万円でした。
エコノミー(Value)から4.3万円増のエコノミー(Basic Plus)はプレミアムメンバーやSFC会員であればアップグレードポイントを使うことでプレミアムエコノミーにアップグレード可能。
JALのプレミアムエコノミーへの当日アップグレードは欧米・ハワイが4万円。ただしサービスはシートのみとなります。果たしてANAのBid My Placeの案内がどの予約クラスまで行われ、落札価格がどの程度に落ち着くのか要注目ですね。

詳細はこちらから

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

クリックして頂くとブログ村のランキングポイントが入ります。応援よろしくお願いします!

毎日たくさんの応援クリック本当にありがとうございますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です