ついにApple Watchに登山地図アプリが登場!

登山中に使用する地図もすっかり紙地図からスマホ上の地図に置き換わってきたように思えますが(もちろんバッテリー切れ等の不測の事態に備えて紙の地図は必須)、カシオのPRO TREK Smartシリーズやガーミンのfenixシリーズのように、次第に腕時計型デバイスが普及してきました。

ウェアラブルデバイスとして人気のApple Watchは残念ながら今まで国内向けの登山地図アプリがなく、その一点だけでも登山ではPRO TREK Smartで利用できる標準マップやYAMAPアプリが便利だと感じていました(もちろんPRO TREK SmartではMILスペックの頑丈な筐体、耐低温仕様、2層ディスプレイといった便利な特徴があります)。

【PRO TREK Smart WSD-F20】冬の低山登山編・茨城県加波山

ところが本日、アップルウォッチ向けに国内企業初となる登山用地図アプリ「ヤマレコMAP」が登場しました。

ヤマレコMAPの主な特徴

  • Apple Watchに事前に地図をダウンロードしておくことで携帯の電波圏外となる場所でも利用できる。
  • Apple Watchで現在地、予定ルート、歩いた軌跡、「みんなの足跡」を確認できる。
  • 計画したルートから外れると音声と振動で警告する。
  • 日本国内では地理院地図、海外ではOpenTopoMapの2種類を選ぶことが可能。

ヤマレコMAP Apple Watch動作画面

感想・その他

便利そうなところ

何と言っても普段使うのに便利なアップルウォッチ上で動作する、国内登山で使いやすい登山用地図アプリが登場したところに価値があります。地図では通常の登山道と区間標準タイムが表示され、普通に使いやすいアプリに仕上がっていそうです。

さらに注目したいのが計画したルートから外れると音声・振動で警告されるところ。現在はPRO TREK Smart WSD-F20でYAMAPアプリを利用していますが、計画していたルートから外れても何の警告も発せられません。

もちろん携帯を取り出す/地図を取り出して現在地を特定する といった面倒なことをせず、腕を手元に持ってくるだけで現在地が判明するため、迷子になることはなかなか難しいとは思いましたが、登山に集中している時などを考えると自動で警告されたほうが使い勝手がいいのは当たり前ですね。

ちょっと残念なところ

ちょっと残念なところは、アプリの仕様ではなくアップルウォッチ自体にあります。それは電子コンパスが搭載されていないところ。電子コンパスがないと方位の表示ができないため、例えば濃霧時、平坦な場所の三叉路などでどこに行けばいいのかといったシーンではちょっとだけ迷うような気もします(もちろん少し歩けば合っていたかどうか分かりますし、PRO TREK Smart上のYAMAPでも腕時計が向いている方向は表示されなかったはず)。

また、ヤマレコMAPは無料でダウンロードできる地図が2エリアまでとなっていて、それ以上となるといきなり年間4,800円のプレミアムプランとなります。

都度保存した地図を消して新しいエリアをダウンロードすればいいのですが、もう少し手軽なプランもあれば便利だと思いました。

まとめ

先ほども触れましたがアップルウォッチなら日常でも使い勝手が良さそうですし、PRO TREK Smartでは搭載されていない心拍計で現在の運動強度も把握できるので、耐衝撃性能の高いケースに入れたアップルウォッチを装着した登山者が増えそうですね。

ぜひPRO TREK Smartとアップルウォッチの対決なんてしてみたいと思ったぷくおでした。

App Storeからダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です