いよいよ10月22日からscopeさんでiittala Pampula Vaseの抽選販売が開始

またまたscopeさんがぷくおのお小遣いを減らしにかかってきています。

今回始まるのはオイバ・トイッカのアートピースとなるPompom Vaseの再販企画。

Pompom Vaseとは1968年にイッタラから発売された植物をイメージして形作られた作品。当然現在は新品で購入することは出来ず、オークションなどで手に入れる方法しかありません。

そんなPompom Vaseを、スコープさんの熱意によって過去作の要素を組み合わせて再生産されることになりました。

詳しい経緯はスコープさんのWEBを見ていただければと思いますが、結局スコープさんが予定していた8型、計10種のコレクションが、オイバ・トイッカ氏が新たに8型8種の新バージョンを考え、合計8型18種の壮大なバリエーションとなり、さらにスコープさんがやってみたいと言い続けていた切れ込みを入れたタイプも作ることになり、最終的に8型19種の作品群が販売されることになったとのこと。

今回される作品群一覧

先陣を切って販売されるのはPampula vase 90mm。ちなみにPompomは英語名で、現地フィンランド語の正式名称がPampulaと呼ぶそうです。

こちらは今回販売されるサイズでは2番目に小さいサイズで、3色それぞれ240個作られたそう。

元ネタはN527(1970-1972)だそうですが、型が残っているわけではないので、ビンテージ品を採寸し、サイズ感とボディ形状を近づけているとのこと。

奥から、パウダーレッドのボディにスカイブルーの丸玉はスコープ社長の好み。
真ん中はオイバ氏が加えてきたターコイズ。ターコイズは唯一ボディがパウダーガラスではなく透明感があり、さらに指輪のようなアメジストブリッジにレモン玉があしらえられています。
手前はパウダーイエローとアメジスト。イエローの本体と装飾の間にクリアが組み込まれているのがポイントで、これはオイバ氏の案のようです。

また、Pompomを包むのはマリメッコのテキスタイルデザイナーの石本藤雄先生が新たにデザインしたテキスタイル。さらに収納するための木箱は東屋さんという最強の布陣。

気になる発売日・抽選方法は次の通りとなっています。

Pompomの販売は予定数に達しても受注は締め切りません。販売個数に達しましても受注期間は注文を受け付けますので、サーバが重くなったとしても少し時間をおいてアクセスすれば、購入を希望する方全員、オーダーは完了する事ができるでしょう。なので慌てなくても大丈夫。今回販売する3型は期間を分けて順番に受注します。それぞれの受注期間をご確認の上抽選に挑んでください。締め切りの翌日中に抽選結果をお知らせし、その翌日に出荷する予定です。

  • 1. 90mm ターコイズ

    10月22日午前9時~10月23日午前9時
  • 2. 90mm イエロー

    10月29日午前9時~10月30日午前9時
  • 3. 90mm レッド

    11月5日午前9時~11月6日午前9時

続きまして今回の抽選方法を説明します。全オーダーをプリントアウト&シャッフル。その束の中から1枚のオーダーを引きます。まずはオーダーを抽選するわけです。その抽選で選ばれたオーダーシートに記入されている番号の中に、まだ誰にも引き当たっていない、つまり空いている番号が含まれていれば当選です。逆に、抽選で選ばれましても記入した番号が全て誰かに引き当てられていましたら(誰かの当選番号になっている)ハズレとなります。そんな流れで番号が全て引き当たるまで、もしくは全ての人の抽選が終わるまで抽選を繰り返します。当選は運もありますけれど、選ぶ番号と選ぶ番号の数次第というのが、この販売方法の特徴です。希望番号を多く書けば当選し易くなりますし、全く誰も選びそうにない個体が含まれていれば、記入する番号が少なかったり、抽選で選ばれるのが遅くても当選する確率はあります。逆に人気の番号が少しだけ書かれているというケースは、早くに抽選で選ばれましてもハズレてしまう可能性があります。ハズレた場合はオーダーキャンセルとなり、請求が発生することはありません。
超短く例を挙げるとこんな事です。以下参照。

  • 抽選1位 / 藤井冬威  希望番号 1,2,3,4,5  ◀︎アタリ!当選番号1
  • 抽選2位 / 加藤か志子 希望番号 1ハズレ・・・落選
  • 抽選3位 / 森が丘園子 希望番号 1,4,5  ◀︎アタリ!当選番号4
  • 抽選4位 / 哀川陽司  希望番号 1,2,3,4,5  ◀︎アタリ!当選番号2
  • 抽選5位 / 山田二矢  希望番号 1,2,4ハズレ・・・落選

チャンスは一度のみ!再抽選はありませんので、とにかくたくさんシリアルナンバーを書くこと、これが当選確率を上げる唯一の方法です。そして、今回の販売に関しては3つの注意点があります。

  • その1

    同梱不可。つまりPampula Vaseのみで必ずオーダー下さい。
  • その2

    オーエムケー対象外、オーエムケーは貰えません。
  • その3

    全アイテム抽選販売。オーダーは一世帯一回のみ有効。勿論、色違いではオーダー可。

ということで、いよいよ10月22日(月)よりiittala Pampula Vaseの抽選発売が始まります。
もともとアートピース的なVaseには興味がなかったぷくおですが、徐々により抽象的なデザインが気になってきていて、今回発売される中だと120mmと160mmのデザインが好み。
とはいえ、他にも既に製造中止となっている、これまたスコープさんが2012年に特注したUglaやフィンランドのデパート「ストックマン」で2014年に限定販売されたフクロウ一族の”Owl Rospuuttopollo”も欲しいです。
果たして頑張って手に入れるべきか否か、悩みは尽きません…

Pampulha Vaseの詳細はこちらをご覧ください
https://www.scope.ne.jp/iittala/pompom/?181017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です