Snow Peak × 中川政七商店 × 茶論 の3者によるトリプルコラボ第2弾が4月に登場!

スノーピークと、機能的で美しい暮らしの道具を取り扱う「中川政七商店」、そしてその中川政七商店グループが新しく始めた茶道文化に関連した事業を行う「茶論(サロン)」の3者が、自然の中でお茶が点てられる道具「野点セット」全2種を、オンラインショップおよび一部直営店舗にて2022年4月6日(水)より数量限定で発売することになりました。

野点(のだて)とは屋外で茶や抹茶を入れて楽しむお茶会。作法に厳しい「茶道」と異なり、もっと自由に一服できるのが特徴となっていて、今回の野点セットでは、丈夫さやコンパクト性などにも配慮し、茶道未経験者でも気軽に楽しめるような道具を目指して作られたそう。

セットされるアイテム

トリプルコラボレーションによって、野点を現代の道具としてアップデート。職人の手仕事により、前回よりもコンパクトに、かつ機能を凝縮した美しい佇まいの次の8アイテムがセットになっています。

仕覆(しふく)

道具を入れる袋。表地にアウトドアの道具でよく用いられる綿帆布を、口元の紐には茶道具を美しく大切に守る伝統的な仕覆にならい絹組紐を使用。機能性とデザイン性を兼ね備えています。

茶碗

軽くて丈夫なチタン製の茶碗は、二重構造で保温性が高いため野外でも冷めにくく、美味しくお茶をいただけます。

茶杓(ちゃしゃく)・茶筅(ちゃせん)

抹茶をすくう茶杓と、お茶を点てる茶筅は、茶碗の中に全て納まるよう、奈良の職人が特別に誂えました。茶筅は前回からサイズを少し大きくして更に点てやすく。

茶筅筒(ちゃせんづつ)

茶筅を入れておく道具。耐久性に優れた天然木・ウォールナット製で、繊細な茶筅をしっかり守ります。

茶器(ちゃき)

山桜を用いた抹茶を入れる茶器は、万が一倒れても中身がこぼれにくいよう、蓋がしっかり閉まるネジ式の仕様に仕立てました。

菓子皿

天然木・メープルを用い、雪峰をイメージした形状に仕上げています。

茶巾(ちゃきん)

茶碗を拭うための茶巾は、中川政七商店が創業時から扱い続ける手績み手織りの麻生地で仕立てています。

商品情報

  • 商品名:野点セット シングル/野点セット ダブル
  • 価格:【シングル】35,200円(税込)/【ダブル】41,800円(税込)
  • セット内容
    • 【シングル】仕覆(綿)、茶碗(チタン)、茶杓・茶筅(竹)、茶筅筒(ウォールナット)、茶器(山桜)、菓皿(メープル)、茶巾(麻)、しおり(紙)
    • 【ダブル】仕覆、茶碗×2、茶筅・茶杓、茶筅筒、茶器、菓子皿×2、茶巾、しおり
  • 発売日:2022年4月6日(水) 
    ※オンラインショップ10:00~/直営店舗は営業時間に準ずる
  • 取扱店舗:スノーピーク公式オンラインショップ、スノーピーク一部直営店舗(スノーピーク HEADQUARTERS /スノーピークランドステーション原宿/スノーピークランドステーション白馬/スノーピークランドステーション京都嵐山)、中川政七商店公式オンラインショップ、中川政七商店一部直営店舗(札幌ステラプレイス店/エスパル仙台店/渋谷店/東京本店/テラスモール湘南店/二子玉川ライズ店/ペリエ千葉店/高崎オーパ店/ルミネ大宮店/奈良本店/ルクアイーレ店/タカシマヤ ゲートタワーモール店/イオンモール岡山店/アミュプラザ博多店/アミュプラザくまもと店)

 

ぷくおもたまにお茶会に行きますが、何度やっても手順が覚えられず、かつ最後には足がビリビリに痺れる、そんな辛いけど抹茶と茶菓子の美味しさを味わっています。もっと気軽に向き合える野点はアウトドアにぴったりですね。

前回コラボ時は即完売したということで、今回も早く買わないと手に入らなそう。4月6日は水曜日なのでなかなか買いにくい日程ですが、前回買い逃した方、今回興味が出た方は要チェックですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。