スノーピークから2023年アイテムが登場!! 新しいエントリー向けテントやアメリカ企画のテントなど多数発表されました。

スノーピークから2023年新発売となる製品一覧が公開されました!

多数発表されたアイテムは2023年のキャンプシーンを彩ってくれそうですね.

値段はエントリー向けのランドネストは比較的購入しやすいですが、その他は高品質高価格なので、詳細が発表されたら自分のキャンプシーンに合うかどうかじっくり確かめてみたいところ。

とりあえず今気になっているのは、子供に壊されることを考えると抑えめ価格としたいテント候補にランドネストM。そして全高が高いアルファブリーズ。また軽くなったワンアクションテーブルあたりでしょうか。

少しボリューム多めではありますが、早速アイテムを見ていきましょう!

テント

テントはエントリーキャンパー向けのランドネスト、2~4 人での使用を想定して生み出された新たな2ルームシェルター「トゥーガ」、ランドステーションの強度を維持したまま軽量化を図ったランドステーションM Pro.air、リビングシェルのアイボリー仕様。さらにアメリカ発のアルファブリーズと盛りだくさんが発表されています。

ランドネスト

開発者自身が初心者目線に立ち返って必要な機能を洗い出し、誕生した新たなエントリーモデル「ランドネスト」。

登山とオートキャンプの知見を融合させたハイブリッド型の構造で、登山用テントで多く用いられる逆Y字型フレームをメインに採用していて、設営しやすい構造になっているんだとか。一人でもスムーズな設営が可能とのことなので、子供連れキャンパーには嬉しいところだと思います。

Sサイズ

さらにオートキャンプ用テントで馴染みのあるC型のフレームを用いて、空間を拡張、快適な居住性を確保。またフライシートに前後の区別をもたせておらず、吊り下げ式のインナーテントは前と後ろ、どちらの位置にも付けられます。

三角パネル部分には、フライシートとインナーテントの両方にメッシュパネルを配置。インナーテントは前後左右にメッシュがあることで風の通りが非常に良く、快適性が向上しています。

Mサイズ

また、同時発表のランドネストタープはランドネストドームの形状に合わせて、有効面積を最大限広く確保。さまざまな天候に対応するリビング空間を創出します。それぞれが直角に交わるレイアウトを基本とすることで、導線のムダが省け、区画サイトで一般的な10m×10mの空間に余裕をもって収まるのもポイントです。

色は濃淡の異なるグレーを組み合わせました。新鮮でありつつもスノーピークの世界観を感じられ、自然になじむ新しいカラーリングとなっています。一番上に載せた設営イメージ写真を見ると確かに新鮮味のあるカラーリングですね。

  • ランドネストドーム Sサイズ:47,080円
  • ランドネストドーム Mサイズ:51,700円
  • タープセット:37,400円
  • ランドネストドーム S マットシートセット:22,000円
  • ランドネストドーム M マットシートセット:26,400円
  • ランドネストドーム M インナーソロテント:26,400円

トゥーガ

「軽量化」と「少人数で快適に使える、ちょうどいい広さ」を求めるユーザーの声に基づき開発されたのが2~4 人での使用を想定して生み出された新たな2ルームシェルター「トゥーガ」。

まず前後のフレーム構造を見直して軽量化を実現した上で、両サイドのフレームの立ち上がりの角度や、前後のフレームの高さを調整して、快適な居住性を追求し、室内空間の有効面積の広さを最大化させたとのこと。

また天井の高さやメッシュパネル、スカートは、スノーピークで不動の人気を誇る大型の2ルームシェルター「ランドロック」を踏襲。スカートがシェルター全体に付いているので冬キャンプもOK。

また生地には夏の暑さ対策として遮光ピグメントPU加工を施し、生地を通す光を軽減させることで、体感温度を低くします。

インナールームは吊り下げ式で、「キャンピングマット2.5w」を最大4枚まで収容可能。春夏秋冬、季節を問わず、デュオキャンプや夫婦2人と子ども1~2人でのファミリーキャンプを楽しまれたい方にオススメとのこと。

  • トゥーガ:184,800円
  • トゥーガ マットシートセット:34,100円
  • トゥーガ シールドルーフ:15,400円

ランドステーションM Pro.air

折り紙のように多様なアレンジができることで多くのユーザーを魅了してきたランドステーションが、4~6人向けのMサイズかつ、強度を維持しながら軽さを追求したPro.air仕様となって新登場。

暑い日はフルオープンで開放的に、寒い日はフルクローズでシェルターのように使うことができます。

  • 価格:154,000円

リビングシェル アイボリー

グランピング感が出るアイボリーラインにリビングシェルが新登場。

太陽の光をたっぷりと取り込み、より明るい室内空間を創出します。オプションのインナールームを取り付ければ、ミニマムな2ルームシェルターとして使用できます。

また、対応テントとの接続も可能で、通年で活躍する頼れるシェルターです。

  • 価格:162,800円

アルファブリーズ

スノーピークのテントといえば、強風に耐えるべく全高が低いのが特徴ですが、Snow Peak USAのスタッフやユーザーの声から生まれた、USオリジナルモデルがこちら。

体格の大きな人も快適に過ごせるよう設計された、186cmの天井高と出入りのしやすい大きなフロントが特長です。付属しているアップライトポールで前室パネルを跳ね上げることで、日差しや雨を避けられる開放的なリビングができあがります。前後左右にメッシュパネルを備え、風の通りがよく、オールシーズンで快適に使用できます。

  • アルファブリーズ:99,000円
  • アルファブリーズ マットシートセッ:52,250円

ゼッカ リビングシート フロアマットセット

ワイドな開口部を備えたゼッカで、“お座敷スタイル”を実現するフロアマットセットが登場。

中央に靴の脱ぎ履きをするためのスペースは確保しつつ、マットを敷いたリビング空間とインナールームの寝室空間をそのまま行き来ができるようデザインされています。

  • ゼッカ リビングシート フロアマットセット:73,700円

ワンアクションテーブル Light Bamboo シリーズ

ワンアクションテーブル Light Bamboo シリーズに軽量化したモデルが登場!

竹集成材の内部にハニカム構造を採用することで、強度を担保しつつ、サイズはそのままで軽量化を図りました。天面にシリーズ名の刻印を入れ、スタンドに黒アルマイト加工を施しています。

ワンアクションテーブル Light Bamboo

  • 重量(通常モデルとの差):6.4kg(−3.6kg)
  • サイズ:720×910×660(h)mm
  • 価格:62,700円

ワンアクションテーブルロング Light Bamboo

  • 重量(通常モデルとの差):7.6kg(−5.4kg)
  • サイズ:720×1,215×660(h)mm
  • 価格:74,250円

ワンアクションローテーブル Light Bamboo

  • 重量(通常モデルとの差):4kg(−1.5kg)
  • サイズ:846×496×400(h)mm
  • 価格:48,400円

その他テーブル関係

コネクションテーブル

コネクションテーブル同士やジカロテーブル、マルチファンクションテーブルとの連結が可能なテーブル。

天板には耐熱塗装を施し、焚火台などの火の近くでも安心して使用可能となっています。

  • 価格:38,500円

テーブルトップアーキテクト

様々な拡張が可能なテーブルトップアーキテクトに、クランプを活用することでテーブルの上や下にセット可能なサイドトレー、ランタンハンガーに取り付け可能なカトラリーなどを入れられるシリンダースタンドとシェラカップホルダーが登場。

テーブルトップアーキテクト サイドトレー
¥5,280
テーブルトップアーキテクト シリンダースタンド
¥5,500
テーブルトップアーキテクト シェラカップホルダー
¥5,610

クッカー周り

TAKIBIサンド スキレット

鯛などの魚も丸ごと入る長方形の鋳鉄製スキレット。焚火や炭火で豪快に調理を楽しめます。

深さのあるスキレットで分厚いステーキやパエリアを作ったり、食パンを2枚並べてホットサンドを焼くことも可能。焼く、煮る、蒸すの“1台3役”を担う調理方法の幅広さが魅力。

  • 価格:38,500円

サヨウ

茶葉とお湯があれば手軽に淹れられるお茶の文化を、アウトドアに取り入れたいという想いから誕生しましたのが「サヨウ」。

ポットは透明度が高く、“サヨウ(茶踊)”と名付けた字の如く、お湯を注ぐと、色の変化や茶葉が上下に踊るように動く様子を楽しめるのだとか。

ステンレスボトルなどと一緒に持ち運べる風呂敷タイプの収納ケース付きとなっています。また湯呑みは2個までサヨウ本体の中に収めることが可能のようです。

サヨウ

  • 価格:15,400円

サヨウ クリア湯呑み(2個セット)

価格:3,300円

ボトル等

オーロラボトル 600 / 800 オーシャン

材料製造工程で50%以上のCO₂のカットが可能となるよう、本体にリサイクルチタン「TranTixxii®-Eco」を、フタにバイオマスプラスチックを採用。

アウトドアなどのシーンで容量が大きく重宝する800mlに加えて、日常で携帯しやすい600mlをラインアップ。青い海と白い雲をイメージしたカラーで仕上げました。

価格

  • オーロラボトル600 オーシャン:17,160(税込)
  • オーロラボトル800 オーシャン:21,120(税込)

チタンダブルボウル 400 / 600

2重構造なので熱いスープを注いでも、器が熱くなりすぎず、安心して持つことができるダブルボウル。

同じサイズ同士でも重ねることができ、指のかかりやすさにもこだわっているとのこと。

価格

  • チタンダブルボウル 400:7,590(税込)
  • チタンダブルボウル 600:8,910(税込)

チタンダブルマグ 300 / 450

スノーピークの定番アイテム「チタンダブルマグ」がリニューアルし、300と450のスタッキングが可能に。

さらに、ハンドルブラケットを改良し、従来品より約1割軽くなっているとのこと。

価格

  • チタンダブルマグ 300:5,280(税込)
  • チタンダブルマグ 450:5,940(税込)
スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー カーキ GS-600KH

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー カーキ GS-600KH

12,100円(02/05 23:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です