ムーミンバレーパークのイベントで使用された傘がオリジナルバッグに

ムーミンバレーパークのエントランスから続く道で実施されたアンブレラ・スカイプロジェクト。

メッツァビレッジにてアンブレラスカイ・プロジェクト「森と、湖と、アンブレラと。」が開催

ここで使用された傘が、日本初となる捨てられるビニール傘をそのままの状態で再利用してバックなどを作るブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」を開発・販売する(株)モンドデザインと提携し、アップサイクルされることに。

アップサイクルとは、本来であれば捨てられるはずの廃棄物に、デザインやアイデアといった新たな付加価値を持たせることで、別の新しい製品にアップグレードして生まれ変わらせる取り組み。今回、アンブレラスカイの傘も見事に生まれ変わりました。

販売開始日は11月11日(木)で、リトルミイの店で7,000円(税込)で販売されます。

色とりどりのバックが出来上がっていそうですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です