ANAが国際線PCR検査サービスを拡充! だけど本当に困っているのはこっち。

ANAが本日(10/8)より日本初国際線搭乗の肩に対し、PCR検査と陰性証明書をセットで提供可能な医療機関のご紹介を開始しました。

オンライン診療を受診し、唾液を採取して送るだけで、クリニックが受領してから24時間以内に、陰性証明書をメールでお知らせしてくれるんだとか。

サービス概要

1.開始日時:2021年10月8日(金)16:00より
2.専用サイト:(日)https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/prepare/pcr-portal/blank
(英)https://www.ana.co.jp/en/jp/international/prepare/pcr-portal/blank
3.お申込み対象:ANA国際線航空券ご購入済のお客様
※提携航空会社は、ANA便名でのご購入の場合(コードシェア便)、お申し込みが可能です。
4.価格:唾液による検査 16,060円(税込。PCR検査費9,900円・陰性証明書5,500円・送料660円)
鼻咽頭による検査 15,400円(税込。PCR検査費9,900円・陰性証明書5,500円)
5.検査機関:医療法人社団直悠会 にしたんクリニック
6.使用方法:ANA国際線の航空券をご購入の後、当サイトにアクセスし、クリニックのページに移行。クリニックのページからお申し込みとなります。

ぷくおが欲しいサービス

一歩また海外渡航に向けたサービス拡充なのでしょうが、ぷくお的には渡航後に帰国に向けて検査する場所を紹介してほしいところです。
現時点でも、出国前72時間以内の検査証明を帰国することが求められていますが、慣れない海外で日本政府が求める陰性証明フォーマットに対応し、さらにきちんと求めるタイミングまでに証明書を発行してくれるところを探すのは困難だと思います。
旅行代理店にお願いすれば(費用はかかりますが)なんとかなるものの、個人旅行でも渡航しやすいようにANAさんが持っている渡航先のネットワークで病院と繋いでくれるサービスがあればいいのにと思います。
早く海外旅行に行きやすい世の中になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です